セルフメンテナンス日記

12月18日 Friday
朝6時過ぎに起床、身支度をして朝のお勤めに参加。そのあと護摩祈祷も体験。あくまでビジターとしてのライトな体験だったけれど、なかなかよかった。朝ごはんのあと、いよいよ弘法大師空海が入定した奥の院へ。2キロほどの参道の両脇には、有名無名の無数のお墓。あとで聞いたけれど、地下も含めて40万くらいの人が祀られ、眠っているという世界でも有数の巨大墓地。そのなかをきょんきょんとゆっくり歩く。

いくつか橋を渡って、ようやく御廟へ。写真撮影は禁止。巨大な灯籠堂の奥、空海の眠っている御廟に向かって手を合わせ、そのあと堂の中へ。なんとあの「お照の一灯」はここに置かれていた。。。しかも平安時代からずっと消えずに受け継がれているという。驚いた。今回の旅はお照の導きなのだろうか??

しかし寒い。足の指先がこごえる。でも、特に疲れるわけでもなく、またゆっくりと奥の院を引き返し、そのまま金剛峯寺へ。ここはいまでは真言宗の総本山だけれど、空海というより豊臣秀吉ゆかりのお寺。個人的には、寺内にある秀次切腹の柳の間を拝見できたことが感無量。秀吉、秀次。。。いろいろ気になり、とくに秀次のことは一時期結構調べた。20代の頃、取材で京都を歩いた時、聚楽第のあったあたりでふっと不思議な郷愁に襲われたのも覚えている。とにかく出会えてよかった。家臣たちと切腹した、とても凄惨な間なのだけれど。

金剛峯寺をあとにして、そのまま壇上伽藍へ。時間がなかったので、金堂のみ拝観。巨大な大日如来と対面。相変わらず寒い。きょんきょん、お気に入りの帽子をどこかに落とす。恵光院に戻って、般若心経の写経をして、昨日と同じ、阿字観瞑想。そのあと精進料理。で、少し休んで19時からナイトウオークで再び奥の院へ。思ったより寒くなく、お坊さんの案内でより深く真言ワールドが学べるいい体験だった。戻ってお風呂に入って、今日も就寝。歩いた距離、25000歩! おやすみなさい。




12月17日 Thursday
夜行バスはやはり窮屈で、あちこち痛くなって絶望するけれど、結局は眠って、朝方になると身体は回復するという。。。笑。大阪の難波から電車で和歌山の橋本、そこから電車で妙寺で下車。タクシーでまず、紀伊国の一宮、丹生都比売神社へ。寒い。歴史ある境内だったけれど、わりとあっという間に参詣が終わり、次のバスまでまだ2時間近く。。。笑。

まわりに何もない。雪が降りはじめ。。。きょんきょんのプランのアバウトさに唖然としたけれど、まあ特に怒りも湧かず、あちこちふらついているうちに「貧女のお照の墓」というよくわからない表札を目にする。なんだか意味もわからず、材木の運搬にきていたおじさんとおしゃべりしたりするうちに、気がついたらお墓の前に。よくわからないままお参りし、ようやくバスに乗り、笠間から橋本へ電車で戻り、いよいよ高野山へ。

ケーブルに乗って、さらにバスに乗り、13時過ぎにようやく到着。人をほとんど見かけない。笑。町をうろつきながら、ちょこっとあまり美味しくないサンドイッチを食べ、2日間お世話になる宿坊、恵光院へ。出迎えてくれたのが、なんとあのお照の像。。。すごい。お照は高野山ではかなり知られた存在だった。にしても、そのお墓にお参りする人はたぶんほとんどいないはず。あんなところわざわざ行かないですよ。。。

ともあれ、一服して、阿字観瞑想を体験。そのあと精進料理。お腹があまり減っておらず、ちょっと苦しい。。。この日予定していたナイトツアーを明日に延期し、早めに床に就いた。


12月16日 Wednesday

朝起きて、滞っていたメールやメッセンジャーの返事をして、そのあとテキストの原稿。セッションのレジメを再チェックし、お昼もとらぬまま逗子方面へ。郵便物出したり、信金寄ったり、本屋寄ったり、いろいろ用事を済ませて帰宅。コーヒー飲みながらこまごまと仕事こなして、16時から腸活の個人セッション。今日が最終回ということもあって、ちょっとほっとする。そのあとごはんをつくって、旅の荷造りして、おにぎりつくって。。。これからバスで逗子葉山駅へ。横浜から深夜バスで難波に向かい、明日、高野山に向かう予定。雪の高野山。なぜ??笑


12月15日 Tuesday
仙川2日目。午前中はきょんきょんと恵比寿へ。いつもの用事を済ませて、有隣堂にちょっと寄って、そのまま仙川へ。ランチにまずいカレーラーメンを食べ、猿田彦でコーヒー飲みながら夕方までお仕事。明日、高野山ということもあっていそがしい。でも、気持ちはゆっくりいい感じ。恵比寿でちょっと大きな気づきがあったし、晩ごはんのあと、急きょきょんきょんが参加したラインのお話し会で空海の謎のメッセージを受け取ったり、得ることの多かった一日。21時過ぎ、葉山に帰る。新月ということもあって、きょんきょんの強権発動で国際村方面に迂回し、真っ暗な夜空を仰ぎつつ帰宅。長い一日だったな。


12月14日 Monday
朝起きて、いつもより早く9時には仙川へ。午前中に到着して、そのまま電車に乗って隣の烏山図書館館へ。本を返して、そのまま駅前のスタバでお仕事。車中でおにぎり食べたのでランチなし。とにかくテキストを終わらせないと。。。でも、調べること盛りだくさんで、それがなかなか楽しく、濃密な時間が過ぎる。夕方、車で用事を済ませたきょんきょんと合流。甲州街道での合流は神がかり的だった。よく走ったな。笑。夜は鍋。少し早めに就寝。


12月13日 Sunday

今日は月に1度のズーム相談会。セルフメンテナンス協会の有料会員の皆さんと久しぶりに再会。いつもいろいろやりとりしているので、久しぶりという感じでもないけれど、じわじわと世界が広がっている感じが心地よいなあ。お昼前に終了して、そのあとごはんは食べず、きょんきょんと本を届けにカフェテーロへ。2日連続はちょっと気恥ずかしいけれど、常連と化したこともあり、ゆるい出会いがあったり、フードジャーニーのことを紹介いただいたり。日が暮れる前に帰って、晩ごはんを食べ、少し仕事して就寝。


12月12日 Saturday

いつも通りに起きて、身支度して、午前中はテキストのリライトを続行。昼ごはん挟んでさらに続け、一段落したところできょんきょんとカフェテーロへ。オーナーと「フードジャーニー」のことで談笑。本を置いていただけることに。コーヒーも美味しくいただく。そのまま帰宅して晩ごはん。今日、ファスティングだったのに忘れていたことに気づく。。。明日に仕切り直し。笑。きょんきょんは相変わらず嵐ばかり。夕食後は本の発送の準備をしたり、明日の相談会の資料をつくったり。。。ということでタイムアップ。


12月11日 Friday

午前中、ゆっくりと始動してテキストのリライト。まあ、リライトという域を超えてる感が。。笑。でも、将来性のある大事なプランの一環なので、焦らずコツコツと。お昼ごはん食べて、午後はカフェに移動。ちょい寒だな〜。文教堂に寄ってPOPの追加を渡して、あとはまた仕事続行。夕方、歯医者さんへ。虫歯があるわけじゃないけれど。。。磨き方はだいぶ褒められるようになった。その後きょんきょんと合流して、晩ごはんの買い物。おーちゃんの個展の案内をネットで見ながら、つみれの鍋を食べた! そのあとも仕事を少し。いろいろやりたいこともあり、来週、高野山なので心持ち詰め詰めな感じ。でも、テンションは変えずやっていこう。


12月10日 Thursday

めっきり寒くなってきたけれど、朝から日差しがいい。今日はフードジャーニーの発売日なので、朝イチでFBに記事を書いて、プリントしたPOPを段ボールに貼り付けて、ごはん食べた後、文教堂にお届け。そのままテクテク散歩しながら、買い物して帰宅。おうちでコーヒー飲みながら、ひたすらテキスト原稿のリライト。夜は鍋もの。美味しくいただき、嵐番組にかじりついているきょんきょんは横目に、お仕事を続行。最後はさすがに眠くなってきた。。。ややがんばりすぎたので、サプリをちょっと多めに摂って、就寝。


12月9日 Wednesday
午前中は協会で使うテキストの原稿のリライト、お昼ににゅうめんをいただき、近所の文教堂さんへフードジャーニーを届けに伺う。5冊置いていただけることに。やったー。POPと納品書を後日持参する約束をして、そのまま役所で用事を済ませ、今度はバスで逗子駅へ。銀行に行ったり、ここでも用事を済ませ、きょんきょんと合流。スタバに移動して、夕方までコーヒー飲みながらお仕事。ブログなどをアップ。POPもささっと作成。帰宅して晩ごはん。その後、テキストの仕事を続行。あっという間に1日が終わってしまった。


12月8日 Tuesday

佐賀取材から帰り、お土産や資料などを整理しつつ、たまったメールの返信。10時過ぎ、前田さん、諸富さんから有難いお電話。調子に乗ってしゃべっていたら、あっという間に外出の時間に。申し訳ないなと思いながら電話を切り、車で茅山荘の一照さんのところへ。フードジャーニー、佐賀のお土産の小城羊羹を投函し、そのまま逗子へ。いくつか用事を足して、ひさしぶりに葉山の三角屋根でコーヒーを飲む。相変わらず盛況だな〜。きょんきょんが頼んだパンをかじって、少し調べごとして、今後のことを少し話し合う。グレートコンジャンクションのこともネット記事読み返し、前田さん、諸富さんにもシェア。

帰りにスタンドで灯油を入れて、帰宅後はちょこちょこ仕事や片付けをしながら、晩ごはんの準備。佐賀で農家の方にいただいた無農薬のお米を土鍋で炊く。白米ということもあり、大麦混ぜて。ほかにレンコン、なすも調理。どちらも貫禄ある大きさ。じゅんかん育ち、さすがだな〜。ベジメニューになったけれど、なんだかボリューム満点。どれも美味しかった。




12月7日 Monday

佐賀取材の最終日。今日も9時過ぎにホテルロビーに集合、今日も同じ下水浄化センターで、アスパラ農家の勉強会に参加。電話でアスパラを注文した高橋さんも来られ、お礼の挨拶。アスパラ部会は的場さん、高橋さんのお二人を中心に、この施設でつくった有機肥料、瀬尾さんのところのキトサンなどで土壌改良し、びっくりするような成果を上げている。瀬尾さんと農家の質疑応答、一人一人、持参した土壌のpHをチェックし、窒素や炭素の量などを数値化しながら、真剣なやりとり。瀬尾さんの誠実さ、経験、内容の濃さに驚かされる。セルフメンテナンスの個人セッションもこうでありたいな。本質は同じだから。。

前田さん、土壌と腸のつながりをふまえ、発酵と腐敗の話を農家の皆さんに伝え、さりげなく僕の本も紹介。ここでも本が売れ、持参した50冊がほぼ完売。すごすぎる。。お昼をいただきながら、諸富さんとおしゃべり。車の中でもお話ししたけれど、佐賀にUターンしていまの仕事につながる流れ、ヨガや気功、オトトロンの話、いろいろ感心しながら聴く。組織のなかでこれだけしなやかに働ける感性がすばらしい。諸富さんのお父さんともお話ししたけれど、なにやら恐縮するくらいほめていただき、どうしようかと思ってしまった。笑

この後、前田さんのもう一つのミッション、ゴミ処理施設を見学。こちらも焼却の際に生じるCO2を温熱利用。市内の各所に電力利用、施設の隣ではハウスのきゅうり栽培、アスタキサンチンの化粧品の製造などに活用。下水道とゴミ処理と似て非なるセクションを兼務し、どちらも持続可能な形にリサイクル、事業転用。。。ここでも驚き。
で、あっという間に時間が過ぎ、急いで佐賀駅へ。途中で諸富さん、駅で前田さんとお別れし、瀬尾さんと博多まで移動。車中でもいろいろと話が盛り上がる。瀬尾さんと別れ、福岡空港へ。無事に搭乗し羽田、それから葉山へ。仙川から車で帰宅中のきょんきょんと駅前で合流、一緒に自宅へ。3日間の取材、なんだか濃密すぎてうまく整理できない。野菜、お米、海苔、お土産もたくさん。お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。


12月6日 Sunday

朝の9時にホテルロビーに集合、昨日訪問した下水浄化センターを再び訪れ、明るい施設内の会議室で10時から開催される農業勉強会に参加。この種の勉強会に参加するのは滅多になく、刺激受ける。加藤先生のあとに、僕もあいさつ。ちょっと畑違い感ありつつも、農の世界の人たちに腸と土壌のつながりについてがんばって話してみた。前田さんの絶妙なご紹介もあって、持参した本がどんどん売れていく。サイン、もっと上手に書けるようにならないと。
勉強会の後、施設の脇につくられた温室に足を運び、バナナの試験栽培を見学。農薬漬けの輸入バナナに代わる、国産の健康バナナ。いずれきっと市場に出まわるに違いない。先見の明にここでも驚く。

お昼に別の施設に移動し、お弁当をいただき、明日大学の授業がある加藤先生と別れ、午後は気功の会の皆さんの勉強会に参加。気功の会の山津さん、大阪から来た瀬尾さんのお話の後に、前田さんの紹介でスピーチ。皆さんちゃんと勉強していて、なかなか質が高い。ここでもまた本が売れた。10冊だけ持参したフードジャーニー、早くも完売。ありがたすぎる。
終了後、すきま時間に前田さんたちと歓談。なんだか不思議と盛り上がって、年明け1月末の新年会になんと夫婦でお招きいただくことになる。しかも。。。あの弊立神社に初詣も実現。信じられない。気功の会と弊立神社のご縁にも驚く。ずっと行きたいと思いつつ、なかなか機会がつくれずにいたのが、まさかこのタイミングで導かれるとは。日程確認で、きょんきょんにも電話、さすがに驚いていた。

引き続き、6時半から気功の会に参加。参加する皆さんの暖かな空気感、前田さんの的確な指導、僕は事務局の馬渡さんに教えていただいただけれど、波長が合って心地よい。あちこちで笑顔。骨ストレッチの講習会にも似てる。毎週参加できたら、心も体もかなり変化しそう。前田さん、下水道のプロジェクト、農家のサポート、気功の会と多岐にわたって活動しているけれど、根っこの部分はひとつにつながっているのがよくわかる。

終了後、近くのファミレスに移動して、ごはんを食べながら歓談。何だかすべてが楽しかった。




12月5日 Saturday

今日から佐賀取材。早起きして、きょんきょんの車で京急の葉山逗子駅へ。羽田から福岡経由してお昼に佐賀駅に到着。加藤先生と合流して、今回お世話になる諸富さん、瀬尾さんと挨拶。そのまま車に乗って、諸富さんのご実家へ。いきなり天然うなぎで歓待を受ける。うなぎを焼いて待っていてくださったのが、前田さん。佐賀プロジェクトの中心人物。

天然うなぎの美味しさに驚く。諸富さんのお父さんに、漬物や蒲鉾など、ほかにもいろいろとご用意していただき。。。すべて美味。いったい何の取材だろうと思ってしまった。笑。

その後、下水道の処理施設へ。ここは佐賀市という生き物の「腸」にあたる場所。この腸を有用菌で発酵させ、良質の有機肥料を生み出し、地元の農家に活用してもらう。言葉にすると簡単だけれど、汚いイメージの下水施設を明るく開放的な場につくりかえ、なおかつ、農業振興に役立てるという取り組みを、前田さんを中心に行政を動かし、一歩一歩形に変えてきた。そのスケール感、そしてクオリティの高さに驚かされた。


その後、有明海苔の直売所「有明の風」を訪問。日本一の有明海、ここにも下水施設から有用菌を含んだ処理水を放流し、瀬戸内含めて不作だった養殖海苔のなかで、唯一、品質を保持できたらしい。

夜はそのまま食事会。国交相から出向して下水プロジェクトの部長を務める若い見正さん、循環農法の事務局長の馬渡さんも交え、楽しい会食。お腹いっぱいだったけれど、ふしぎと波長が合い、心地よ時間だったな〜。今日一日、ありがとうございました。


12月4日 Friday
朝、テキストの冒頭部分をゆかしいに送って、そのあと残っていた献本の発送作業をして、本棚を整理して、ちょこっと昼ごはんを食べて、きょんきょんと車で郵便局、買い物などなど。三角屋根に寄ろうとしたらクローズだったので、渡部さんのところに本を届けた後、カフェテーロへ。昨日の井島さんと連チャンか〜。あんとくさん、めざとくフードジャーニーの話を振ってきて、しばらく本や出版の話。占星術やってる宮本さんとも知り合いになり、閉店まぎわまであれやこれやとおしゃべり。明日から佐賀取材ということもあり、一日繰り上げで晩ごはんからファスティングスタート。辰巳先生のだし汁飲みながら日記書いてます。明日の支度して、早く寝ないと。


12月3日 Thursday

朝、こまごまとした用事を済ませて、10時にカフェテーロへ。まだ空いてなかったけれど、やがてオーナーが車でやってきて、まだ雨戸の閉まっていた店内へ。少し遅れて井島さんもやってきて、お昼までコーヒータイム。フードジャーニーを手渡しし、いろいろな情報交換に心をときめかせ、帰宅後にきょんきょんとランチ。午後、一服してから郵便局で本を発送。とりあえず段ボール一箱分、受け取った人たちの心に届きますように。

そのままスタバで夕方まで仕事。カフェのはしごという感じだけど、まあよしとしようかな。で、晩ごはんの買い物をして、夜はつみれと白菜の鍋。そのあとも仕事を続行。あるテキストまとめてるんだけど、結構難航。明日までにめどがつくかな。。。写真はきょんきょんが生まれて初めてつくったパン。笑。


12月2日 Wednesday


今日は朝から寒い一日。朝ごはんいただいて、たまったメール送って、フードジャーニーの発送作業を黙々と進める。お昼前、予定通りに本が到着。書店に発送する分は当然倉庫にあるわけで、これはとりあえずウチの管理分。段ボール3箱半。。。少し緊張して、本を開いて。。。最初はしかたないけれど、決まってネガティブな気分になる。笑

天上にいる僕が思い描いたものを地上に下ろすわけだから、ギャップが生じるのはある意味で仕方ないわけで。。。でも、毎回どうにかならないかなと思う。で、しばらく経つと不意に愛着も湧いてきて、自分を褒める気持ちも出てきて、バランスがとれる。笑。いろいろな人に一筆したため、クリックポストでラベルたくさんつくって、かたわらのきょんきょんとともに、愛を届けるような気持ちで静かな一日を過ごしました。


12月1日 Tuesday
きょんきょんのママと3人で、車に乗って恵比寿へ。丹野さんとちょこっと顔合わせ。彼女の体験手記、いよいよ掲載され、読んで驚く。やはり継続は力なり。突き詰めた想いの向こうに神は宿る。お昼はふっと目についた中華のお店で。思ったより美味でよかった。車で仙川に帰り、きょんきょんとカフェでお茶。そのあと仕事。。。なのだけど、パソコンの電源忘れてたので、スマホであれこれと。ゆかしいとも電話。あっという間に夕方で、帰って晩ごはんつくって、モンブラン少しいただいて、車で葉山へ。車中、きょんきょんとゆっくり会話。

「しんぜんびってあるよね? しんは漢字でどう書くかわかる?」「知ってるよ、信でしょ?」「は? まさか知らないの?」「知ってる、神でしょ」「。。。」(予想を超える回答に言葉を失う)「ねえ、僕と何年一緒にいるの?」「あ、心!」「。。。」

しかし、きょんきょんがいたから僕の意識は開き、行動は変わり、もちろん人生も変わった。このすばらしさをどう伝えたらいいか。ねこっかわいがりではなく、それこそ真実なのだけど。


11月30日 Monday
今日は仙川に行く日。満月ということもあり、朝、恒例の窓拭き。お部屋を払い清めて、そのあといろいろやっているうちに、あっという間にお昼に。急いで支度して、車で移動。午後は仙川のカフェでお仕事。思いがけず新野さんとやりとり。新しい八ヶ岳のプロジェクト、興味津々。しかし時間の経つのが早い。晩ごはんをつくって、食べて、そのあと藤代くんとzoomでお話し。なかなか興味深い、ワクワクする話を聞く。満月らしく、あたらしい展開を予感させる出来事に満ちた1日だった。


11月29日 Sunday

本日の昼までファスティング続行、というわけなので、朝はとりあえずリンゴのみ。今日はちょっと寒い。お昼にごはんいただき、午後スタバへ。日曜なので結構混んでいたけれど席は確保。いろいろやることがある。夜はごはんが少なかったので、キヌアを久しぶりに食す。そのあと大河ドラマ見て、ぼちぼち仕事してたらゆかしいから電話。今後のサイト運営などについて、いろいろと話し合う。なかなか有意義な一日でした。



11月28日 Saturday
午前中、久しぶりにサンシャインクラウドのカフェでモーニング。森山神社に参拝して、そのあとお昼ご飯。今日はプチ断食の日だけど、夜スタートでトライしてみようかなと思い、お昼は食す。その後、ずっと水分補給のみだったけれど、とくに不調なし。昨日に引き続き、きょんきょんがオンラインのセミナーで消えたので、一人黙々とお仕事。晩ごはん食べないと夜が長く、ホント有効活用できるな〜。


11月27日 Friday
午前中はじっくりお仕事。お昼すぎにきょんきょんと散歩して、海を眺め、そのあと一人カフェで仕事を続行。。。そのまま歯医者さんへ。歯のメンテ。すごくためになる。夜はきょんきょんがオンラインのセミナーに参加して消えてしまったので、ちゃちゃっとごはんして、また仕事。仕事と言っても、まあいろいろですが。笑


11月26日 Thursday
お昼にゆかさんが逗子に到着。車でお出迎えして海沿いでランチ、そのあと22時すぎまで我が家でセルフメンテナンス協会関連のミーティング。。。いろいろ話せてよかった。定期的にライブで会って、コミュニケーションすると気持ちが変わるな〜。よし、やっていこう。


11月25日 Wednesday
肌寒い一日、午前中はいろいろと仕事やって、早めにお昼を食べて、きょんきょんの車で逗子へ。そのまま電車で東戸塚の税理士さんのところへ。いろいろ課題はありつつも決算ほぼ終了!「コロナに助けられましたね」という遠回しな優しい言葉を胸に抱きつつ、来年、飛躍して笑顔で再会したいな〜と思い新たに。お金に親しむため、僕が経理するようになってようやく1年。わかったふりの会話が多いけれど、成長はしたな!!と。

帰路、逗子に迎えに来てくれたきょんきょんとスタバでお茶しながら、日暮れまで諸々おしごと。密教か禅かで迷っているきょんきょんの話を聞きつつ、スタンドで灯油買って、スーパーで買い物して、晩ごはん。そのあとも嵐の歌番組聴きながら、あれこれとデスクワーク。今日もこのままつつがなく一日が終わりそう。


11月24日 Tuesday
仙川2日目。肌寒い朝。朝からきょんきょんとカフェでコーヒー飲みながらお仕事。お昼前にきょんきょんは家に戻り、あとは黙々と一人で原稿に向き合う。あいまにFBに「フードジャーニー」の告知。コメントも何名かいただき、いよいよ気持ちが盛り上がってきたな〜。たったひとりの誰かに届くことで世界が変わる。僕の世界が。広めるのではなく届けること。神様ともっとふかく向き合って、僕の世界を広げていきたい。


11月23日 Monday

今日は新嘗祭、勤労感謝の日。連休最後で葉山はポカポカ日和ということもあって、午前中に久しぶりに一色海岸へ。やはり人は多いな〜。帰ってしたくして、そのまま仙川へ。午後はカフェでしごと。ようやくできあがろうとしているフードジャーニー、ほんとうによくやった。これで次のステージに進めると、徐々に本腰入れて情報発信のしかたを考えないとと思う。どうやったらキーマン、インフルエンサー、運命の人とつながれるだろう。意図を超えて、自我も超え、これから冬至に向けて叡智を総動員させよう。



11月22日 Sunday
きょんきょんはスウェッドロッジで8時過ぎには家を出る。まるで家出のように。。。残された僕は静かに仕事。午後、カフェテーロでコーヒー。なかなか混んでいて連休を実感。夕方、きょんきょんがさっぱりした顔で帰ってくる。体験をシェアしていただき、彼女のまたあたらしい変化、脱皮をかいま見た。晩ごはんをゆっくりいただく。


11月21日 Saturday

昼過ぎに金沢文庫へ、途中で豆吉の豆腐を買って、宮下昌也さんの個展を観にいく。前からずっとペディングだった宮下さんの絵を一つ購入。玄関に飾るイメージで。スタバに寄って、でも珍しく一杯で入れず。。。そのまま帰宅。晩ごはんは豆腐尽くしだけれど、きょんきょんは明日のスウェッドロッジに備えて断食。





11月20日 Friday
朝起きて、決算の問い合わせに対応して、そのあとオンラインのインタビューのためzoomにアクセスするも、今回もうまくつながらず。。。先方がオンライン慣れしておらず、たぶん設定の問題なのだけれど、ちょっと無理かな〜。どうしたらいいか作戦を練ろう。

午後、野暮用で少し出かけて、そのままスタバで夕方までじっくりお仕事。帰ってカリフラワーとジャガイモのスープをつくって、そのあとオンラインのトーク会に参加。こちらは問題なくアクセスでき、楽しく拝聴。飛騨発の石棒の話。日曜もまた別のバージョンであるみたい。徐々にいろいろなところで自然発火が始まっている。フードジャーニーのサイトもいよいよ完成。


11月19日 Thursday
本日は月イチの朝ミーティングということもあり、方位どりすると北が大吉なので、かなりたまっている図書館の本を返しがてら鎌倉に行こうという話に。で、鶴岡八幡宮を久しぶりに参拝。そのあとスタバでしばらくお仕事して、図書館で本を返してまた借りて。。。帰路には逗子図書館、葉山図書館もはしご。なんだか暖かい一日だったな〜。夜にはthree o’clockのモンブランをいただきました。かなり美味。


11月18日 Wednesday
今日はセルフメンテ協会のゆかさんが葉山に来訪。午前中は決算の準備、フードジャーニーで使った資料の整理、引用した文献のコピーなどであっという間に過ぎ、お昼に急いで洗車して、逗子駅まで迎えにいく。ゆかしいとは小田原訪問以来だな〜と思いつつ、まず和楽でランチ。そのあと我が家でゆっくりミーティング。またまたあっという間に時間が過ぎて、夕方に駅までお見送り。そのあと買い物して、家でビール飲みながらきょんきょんといろいろお話し合い。メルマガもなんとか書き上げ、床につきました。


11月17日 Tuesday
今日はきょんきょんと恵比寿に向かい、用事を済ませた後、アトレを少しふらつき来年の手帳を物色。帰り道の渋谷でランチをとり、午後は仙川でオンライン聞きながらお仕事。校了明けということもあり、やや呆然としながら今後のビジョンをゆっくり練る。きょんきょんママと三人で晩ごはんのあと、ちょっとしたことで懸案だったある問題があっけなく解決。あれだけ苦労したのにな、解決するのはほんの一瞬だなと、何ごとかを学ぶ。いつものように車に乗って、マツコの番組を観ながら葉山に帰る。


11月16日 Monday
5時に就寝、でも、意外と深く眠りに落ち。。。7時台に起床。身支度整えつつ、入稿データを最終チェック。渡部さんに送って、待ち時間に決算の残りをまとめてデータを税理士さんのところへ送付。最終チェック、もはや時間もないわけですが、でも、細かい修正が見つかるといういつものパターン。お昼前、やりとりを完了し、車で仙川へ。車中でデータを再度最終チェックして(笑)、ようやく校了。。。ちょっと気が抜けた感はあるけれど、このあともいろいろやることあるからな〜。もちろん、やったぞという達成感もあり。

午後、仙川のカフェでデータの整理その他、ややのんびりしたこともあり、あっという間に夕方に。きょんきょんと合流して、少し買い物して、帰って晩ごはん。特に何かが変わるわけではないけれど、次のステップに少しずつ駒を進めていこう。


11月15日 Sunday
この10日ほど、本の校了とぶつかったこともあり、なおかつ、種子島・鹿児島への取材旅行も入り。。。日記つける時間がつくれませんでした。いやまあ、それでも続けるのが本来のすがたなので、うまくルーティンに組み込みたいな。どんなに忙しくてもごはん食べるし、歯も磨くわけだから、それと同じだと思うんですね。以下、思い出せる範囲で書き出してみます。

11月6日
この日は歯医者に行ってますね。

11月7日
腸内環境解析士の講座でレクチャー。いいお話ができました。午後、オンラインであるお話を聞くが、ちょっと退屈でした。あと、この日はプチファスティングもやりました。

11月8日
月イチのzoom相談会。ゆかさんのエクササイズ、なかなかよかった。午後から仙川へ移動。

11月9日
仙川で一日お仕事。本の校了が近づいているので、ずっとパソコンに向かっていた気が。。。

11月10日
葉山に戻り、午前中はカフェテーロで井島夫妻とおしゃべり。来年の棚田のこととか、いろいろと話す。午後、明日から種子島なのでいろいろ出かけて、用事を済ませ、あとは黙々と校了作業。で、3時半起きということもあり、睡眠時間はなんと1時間。笑

11月11日
早朝にタクシーで新逗子駅へ。そこから羽田、飛行機で鹿児島、その後乗り換えて、種子島にお昼前に到着。さすがに少しぼーっとしている。笑。この日は地理を覚えることも兼ね、レンタカーで島内をドライブ。お昼にインギー鶏のどんぶりをいただき、お約束の宇宙センターにも立ち寄り、そのあと鉄砲伝来の碑へ。18歳の夏、屋久島登山のあと、岩田くんと種子島をまわって、ここで野宿したんだよな〜。

11月12日
民宿の朝ごはん、なかなかおいしい。今日はかねて予定していた島内のいろいろな場所をめぐる。熊野神社はじめ、こんな小さな島にも立派な社がいくつもあり、広田遺跡のような弥生〜古墳時代の跡、島の神様が眠るガロー山とか、赤米の資料館とか、ホント盛りだくさん。夜はきょんきょんの企画で、千倉の岩屋のプラネタリウムイベントに参加。いい一日でした。

11月13日
種子島最終日。この日は島の北部、フェリー乗り場のある西之表に移動。ヘゴの群落を見て、司馬遼太郎も立ち寄った月窓亭でゆっくり過ごし、お昼にはフェリーに。3時間揺られて、鹿児島へ着。夜は鹿児島の郷土料理をたくさんいただきました。

11月14日
こうした旅の最中にも、コツコツ原稿チェックをしてまして、一歩一歩前進している感じ。日中は取材に集中したいので、だいたいは夜中と早朝になるわけですが、とくにハイテンションということもなく普通に元気。この日は旅の最終日、加治木にてきょんきょんの父方の実家のお墓参り、大事な時間すごす。そして、そのあとに霧島神宮へ。天孫降臨があったとされる古宮は相変わらずすがすがしい。。。そのまま空港に戻り、飛行機に乗って夜には羽田着。無事に葉山に戻り、充実の取材旅行が幕を閉じました。

11月15日
取材から帰り、この日は校了前日。郵便物出したり、いろいろ用事も足しつつ、パソコンに向かう。終わりそうで終わらない。。。結局、朝の5時で一区切り。なんとかなるかな。


11月5日 Thursday
午前中はいつものようにあちこちにメールしたり、原稿チェックしたり、あわただしく過ごす。で、お昼ごはん食べて、ポカポカしてたのでちょっと近所を散歩して、郵便局に行ったり。そのあとはスタバで日暮れまで原稿のチェック。。。葉山のもう一件の小さなほうが閉店になったからか、心持ち混んでいる。危うく退散かというタイミングで席が空いてよかった〜。晩ごはんは相変わらずベジメニュー。きょんきょんの調子もよくなってきて、ポジティブな話がポンポンと飛び出す。どこかからか抜け出し、また新しいところに向かっているようだ。僕も続いていこう。笑


11月4日 Wednesday
だんだん本の締め切りが迫ってきてますが。。。いろいろな方から助言や応援をいただいて、一歩一歩前進してる感じですね。今日は午前中に、きょんきょんのアカシックリーディングのオンライン試験があって、なにしろ3月から約7ヶ月、ずっと取り組んできたことなので、大事な日といえば大事な日。といいながら、前日は嵐のライブに没入してたわけですが。笑

ともあれ、結果は合格。他人事ながら朗報あると開放感あるな〜。ちょうど晴れていたので、お昼は海沿いの定食屋さんでごはん。そのあとお祝いに、ひさしぶりに堀内のフリューリングでケーキを買ってあげた。帰ってすぐにセッションの準備。16時から腸活ラーニングのセッションの2回目。かなりディープにお話ししてしまった。そのあとケーキ食べて、きょんきょんは夜もオンラインで別のセッション。僕は少しごはんをつまみながら、土曜の講座に向けてコツコツと内容のチェック。。。夜中に渡部さんから最新のレイアウトが届いた。明日はこれをやらないと〜。


11月3日 Tuesday
文化の日ということで祝日だったわけですが、我が家では嵐の日でしたね。笑。きょんきょん、オンラインでのライブやトーク、お昼過ぎから夜9時までずっと見てました。大音量で。笑。僕も同じリビングで仕事しながら聞いてたので、また一歩、嵐ワールドに近づけましたね。いや、嵐に巻き込まれたというか。。。笑。ごはんどころじゃなかったのですが、ちゃちゃっとつくってあげて、本当にふしぎな異空間だったな〜。


11月2日 Monday

恵比寿の用事があるので9時過ぎに仙川を出発。代官山に久しぶりに行く予定もあったので、少し早く出たのだけれど、なんと出先で丹野さんとバッタリ遭遇。代官山の蔦屋書店に、お父さんの車で一緒に向かうことになる。蔦谷で展示されていた「木の鳴るスピーカー」は、以前彼女のコンサートに参加いただいた松阪の小林益久さんがプロデュースしたもの。いつか松阪に行きたいですねと話していたので、ふしぎな偶然にびっくり。

蔦谷を出て、代官山できょんきょんとランチ。昔、打ち合わせで使っていたカフェでいただいたけれど、もう、こういう場所で食べても何も感じないね〜と。都会の洗練さが虚のように思えて、この数年でだいぶ意識が変わってしまったのを実感。そのための体験だったんだろうね。

渋谷まで歩いて帰る道すがら、きょんきょんがスカーフを落として、結局見つからず。仙川戻ってカフェで仕事。。。フードジャーニーのサイトをリニューアルしたのでデータ移行しようと思ったら、操作がおかしかったみたいでログインできなくなり。。。ずっとその応対に追われたけれど、いまだに復旧せず。そういう1日だったんだな。「水星逆行中だからね」というきょんきょんの言葉が苦く残りました。笑


11月1日 Sunday
午前中、レイアさんのオンラインセミナーをきょんきょんの横で聴きながら、コツコツお仕事。マヤがテーマ、ちゃんと聴きたいところだったけれど、なかなか興味深い内容。アンティとハワイやペルーで過ごした日々が蘇ってくるな〜。昼に葉山を出発し、仙川へ。午後はカフェでずっとお仕事。なんだかいつもこのパターン。夜もいつものようにごはん作って、テレビ見ながら仕事して、つつがなく眠りにつきました。


10月31日 Saturday
今日は満月。朝のルーティン済ませて、ちょこっとごはんを食べて、そのあとは恒例の窓拭き。そこまで丁寧にやれているわけではないけれど、でも、気持ちをゼロにしてひとつひとつ清めていく時間。

で、今日は週イチのファスティングなので、日中は水分のみ。久しぶりに塩レモン水をつくって飲んでみた。残った皮は細く切って、蜂蜜塩レモンに。なんだか皮が硬かったな〜。お昼にきょんきょんのセッションが終わって、そのあとコンビニと郵便局に散歩。帰ってきてコーヒー飲みに行こうかと思いつつ、いろいろやってるうちに夕方に。断食明けのごはんゆっくりつくって、このあと満月なのでいろいろと気持ちリセットして、未来の自分を再確認するとしよう。


10月30日 Friday

午前中、少し仕事して、取材の準備して、おにぎりつくって、きょんきょんと葉山マリーナ近くの港湾事務所へ。ここの会議室借りて、今日はインタビュー。東京大学の加藤裕之先生。国交相時代から下水道テクノロジーに関わってきた第一人者。以下、FBメッセンジャーの投稿を転載すると。。。

昨日は葉山に東大で下水道イノベーションシステムの研究をされている加藤先生をお招きし、たっぷりインタビューしました。

下水道? なんでまた? いろいろなご縁があってつながったのですが、都市環境において下水道処理施設というのは人間の「腸」にあたるんですね。

で、たとえばこのイノベーションの先進地である佐賀市では、施設に集まった屎尿を微生物発酵させて、良質な有機肥料に変えるシステムが整っていて、この肥料を農家が使って、栄養価も生産性もアップするという循環がはじまっています。

腸の中で菌たちにやってもらっている発酵と同じプロセスを取り入れ、行政レベルで15万規模の自治体の生態系を改善させているという。。。

要するに、都市版の腸活が始まっているわけです。笑

個人のセルフメンテナンスと、行政の環境整備と農業振興、食育。。。すべてがリンクしていて、しかも、こういう考え方が専門家と共有できる、数年前には考えられないことでした。 現在、佐賀市のほかに、北海道の岩見沢、山形の鶴岡もこうしたイノベーションの先進地らしく、佐賀市は特に世界モデルと呼ばれてるようです。

インタビューの後、マリーナ内のマーロウで先生とお茶をして、そのまま歩いて帰宅。そう言えば、港湾事務所でフラのメンバーに会って、帰りのスーパーでは井島さんに会って、井島夫婦に連続で遭遇するという。。。笑。晩ごはん食べた後、加藤先生のインタビュー聞き直して、いろいろなビジョンが思い浮かんできた。続きはまた明日。


10月29日 Thursday
いつもの時間に目が覚め、朝のルーティン済ませて、ごはん食べて。。。午前中は昨日に引き続いて、何件かメール。メッセンジャーでのやりとり。一つ一つ結構な時間がかかる。お昼を早めにいただいて、きょんきょんの車で逗子へ。銀行にちょい寄って、図書館で本借りて、郵便局寄って、そのあとひとりカフェテーロへ。イエローハニーをいただきながら、ずっと読書。YouTubeで大西つねきさんの映像見て、いたく感心する。この内容はなかなかすばらしい。僕と世界観がおなじなんだな〜。ついメモしてしまった。

少し早めにカフェを出て、スーパーで納豆買って帰宅。きょんきょんはセッション中なので、引き続きメールなど。晩ごはん食べながら、きょんきょんとオンライン一緒に聞く。とある水について。僕たちのシミュレーションでは、水はめぐるものの象徴。いい水をもっととらないとという話になる。まず試してみよう。そのあともパソコンに向かってあれこれ。この後お風呂入って、もう寝ます。あすは加藤先生が葉山来訪。準備しないと。


10月28日 Wednesday

じわじわと本の出版が近づいてきて、編集作業と並行して、いろいろな方にコンタクトをとり、本の感想をいただいたり、内容のチェックをお願いしたり。。。こういうお願い事は基本的には、こっちが勝手にやっているだけの「片思い」なので、丁寧な感想をいただいたり、予想を超える対応があると本当に感激する。しばらくほどよい緊張がつづくなあ。

お昼に葉山にリトリートに来ていた会員の安西さんとランチ。サンドイッチ食べながら2時間ほどお話しして、そのあと自宅に戻ってまたお仕事。夕方散歩したいなあと思いつつ、日が短くなっていることもあり断念。夜は気になっていたYouTubeをきょんきょんと見るが、途中で睡魔が。。。また見直さないと。


10月27日 Tuesday
今日は一日葉山。朝、月イチの方位どりの日なので吉方向を調べ、今回はきょんきょんが前から小耳に挟んでいた関根不動尊に清水を汲みにいく。車で海側から湘南国際村方面へ。小さなほこらと湧き水を発見。お参りして、タンクに水を汲んで、そのあと久しぶりに元町のスタバへ。なんとこのお店、今月末で閉店。。。引越し以来よく利用してきたところなので、なんだか寂しい。葉山ステーション近くに大きな店舗ができたから、それで整理してしまったのかな。昼前に戻って、あとは原稿を書いたり、いろいろとお仕事。きょんきょんはセッション。晩ごはんは相変わらずベジメニュー。その後も原稿をまとめ。。。今日もつつがなく一日が終わりました。


10月26日 Monday

仙川の2日目。午前中はきょんきょんと外出して、カフェでお仕事。途中でいったん家に戻るため消えたけれど、3時前に駅で合流。そのまま恵比寿へ。用事を済ませて、よく利用する野菜の直売所で400分チャリンと購入。キャベツ、りんご、赤大根、さつまいも、どれも100円。。。でも、りんごはおいしくなかったな〜。晩ごはん、断食明けのきょんきょんがノンオイル、ノンミートなのでいろいろ苦心するも、まずまずの出来かも。食べて、少しパソコンに向かって、9時過ぎに葉山に帰還。運転、いつもご苦労さま。


10月25日 Sunday
一人の日曜日。午前中はゆっくり身支度して、朝のルーティン済ませて。。。そういえば、昨日は洗濯もやったし、ゴミ出しもしたし。。まあ、一人暮らしだったら当たり前なんでしょうが、たまにやると新鮮かな。笑。お昼に家を出発、久しぶりに電車で品川、渋谷を経由して仙川へ。長い旅だ。。。車がいいなあ。途中で烏山図書館に寄って、予約していた本をゲット。仙川できょんきょんの到着を待つべくカフェを探すが、日曜とあってどこも満席。暖かかったこともあり、スタバの店外の席を陣取り、読書などしていたらきょんきょんがへんなリュック背負って到着。少しお茶して、断食の話を聞いて、買い物して晩ごはん。彼女だけノンオイル、ノンミートのベジメニュー。3日間。調理いろいろ工夫して、きょんママと3人で食す。本日は仙川でお泊まり。おやすみなさい。


10月24日 Saturday
きょんきょんが坐禅断食で不在ということもあり、久々に一人の一日。と同時に、じつは僕も週イチのプチ・ファスティング。オートミールと柿をちょっといただいて、日中は水分補給のみ。お昼にふかしたいもを一口食べ、午後はカフェテーロでコーヒー。

仕事については、まず午前中、うまく表示されなかった電子書籍の修正版を送り、無事に差し替え完了。資料を整理し、YouTubeやブログのあたらしいやり方など学ぶ。難しい。パッとわからないけれど、少しずつ進んでいきたいな。午後はずっと読書。フードジャーニーで引用した本など、じっくり再読。夜は断食明けのごはん食べて、そのあとも読書したり、YouTube観ていろいろ研究したり。おやすみなさい。


10月23日 Friday
今日はきょんきょんが坐禅断食で山梨に向かうこともあって、ちょっと慌ただしい午前中。いくつかメール送って、zoomの取材に間に合った〜と思ったら、取材先の先生がうまく接続できず。。。なぜだろう? 声だけミュートでなぜか改善できない。30分近く電話などでやりとりしたけれど解決できず、次回に持ち越しに。接続の仕方などこちらで調べてみますと言ったけれど、できるかな〜。キョンキョンは偉そうに「なんとなくわかっていた。私がいなくなるからだよ」と。お昼前に車で出発。僕は逗子図書館まで送ってもらい、本をいくつか借りて、駅前で用事を済ませて、久しぶりに鎌倉へ。なんとなく肌寒かったけれど、スタバでコーヒー飲みながら夕方までお仕事。帰ってきてごはんつくって、そのあと不意に思い立って電子書籍用のファイルつくりはじめたら。。。2時までかかってしまった。疲れた。寝ます。


10月22日 Thursday
朝からあたらしい本の細かい体裁のことで、いろいろシミュレーションし、悶々と過ごす。笑。きょんきょんが海フラの日なので、昼ごはんつくって待ち、一緒に食べてから少し散歩。ひさしぶりにパンを買ってみた。葉山ブレッドはやはり美味。でも、パンは時々でいいかな〜。その後、コーヒー淹れて仕事続行。明日はzoom取材なので、いろいろと準備したり。晩ごはんはこれも久しぶりのピーナッツカボチャのボタージュ。きょんきょんは明日から坐禅断食。日曜まで静かに過ごそう。あまり変わらない気もするけど。


10月21日 Wednesday
今日は一日仙川。朝からきょんきょんとカフェでモーニング。僕はコーヒーのみ。納豆ごはん食べたし。お昼前にヤマダ電機でちょい買い物して、ランチは久しぶりにKICK BACK CAFE。豆らー、最強だな〜。最近、おいしいと評判のお店でもラーメンはちょっと塩辛くて、ほとんど食べなくなってますが。。。ここは完全ベジなのに、うま味凝縮。またタイイングが合ったら食べにこよう。午後はまた別のカフェでひたすらお仕事。晩ごはんつくって、食べて、車で葉山に帰還。きょんきょん、眠そうななかいつもありがとう。


10月20日 Tuesday
今日と明日は仙川Days。午前中、新しい本のタイトルなど最終決定し、営業やっていただくS社に連絡。ISBNコードも取得、ここから先はタイトルも価格も変更できず。。。もう後戻りできないところにきた。笑。で、昼前に車で葉山を出発し、きょんきょんとおしゃべりしながら仙川へ。ミーティングになったり、セッションぽくなったり、本当にいい時間。おにぎりほおばって、毎度ながらたのしい。

午後は例によってカフェでお仕事。原稿の見直し、資料読みながら行きつ戻りつ。。。行数変更したほうがいいかなとふっと気づき、この段階でと呆然とする。細かに調整したところ全部ずれるし。渡部さん、いやがるかな〜とか。
とはいえ、きょんきょんも同意見だったので、行数増やしたバージョンを2パターンほどつくってもらうことに。創造はいろいろな意味で孤独。さみしいという孤独ではなく、自己決定にまつわる孤独感。悪いものじゃないけれども、ふわーっと宇宙の中心に降り立つような。。。何度繰り返してきただろう。このさみしさと向き合うことで新しい宇宙が生み出される。しかもだ、いまの仕事はすべての行程で「力のある誰か」が介在しない、ルサンチマンのない世界。ここまできた。ここまでやれるところにきた。最高のものを生み出したいと、それが僕のワンネスだとまたあらためて思う。


10月19日 Monday
昨日の晴れ間から一転して、朝から雨。ちょい肌寒く、身体が冬に向けてギシギシと調整をはじめているのが感じられる。朝のオートミールと果物をいただいた後、カフェできょんきょんとコーヒー飲みながらお仕事。本のタイトル、価格、キャッチコピー。。。いろいろ取り決めたくさん。とりあえずほぼ決定かな。お昼頃に店を出て、ちょい買い物して、午後はずっとうちで仕事続行。夕方、キャンセル待ちがOKになって、週末、きょんきょんが急きょ坐禅断食に参加することが決まる。で、いろいろ予定を組み換えて、今夜、zoomの勉強会入れたいのだとか。山ちゃんのネイティブのお話。反対する理由もなく、いそいで晩ごはんを支度し、いま目の前できょんきょんが勉強中。笑。僕もおこぼれみたいに話を聞いている。


10月18日 Sunday

久しぶりのSunny day。きょんきょんは朝からカヌーの大会出場のため、一色海岸へ。僕はおうちでコツコツと資料を読み込み、原稿に目を通し。。。その間、いくつかの野暮用もこなし。。。3時近くにきょんきょんから終わったと電話あり。初心者クラス6チーム中5位だったそうだ。なんとも微妙な結末。でも、練習を含めてなんとなく楽しんでいたみたいなので、ノープロブレム。で、窓から差し込める夕陽がきれいだったので、夕方に一緒に海へ。今日も良い一日でした。



10月17日 Saturday
朝からしとしと雨、しかもなんだか寒い。午前中からずっとお仕事し、お昼はほぼ断食。で、3時過ぎくらいに雨のなかきょんきょんの運転で逗子図書館へ向かう。稲作のルーツとかマニアックなリサーチをして、関連書を借りて、スタバで読書。富岡夫妻がなかよくコーヒー飲んでいたので、ほんの少し談笑。そのあとは日が暮れるまでひたすら読書し。。。葉山ステーションで少し買い物して、晩ごはん。夜も読書を続行したけれど、途中で眠くなる。やはり夜は頭が働かないな〜。


10月16日 Friday
今日はきょんきょんの野暮用で久しぶりに湘南Tサイトに行くことになり、朝からあわただしく支度して出発。スタバの隅に陣どって、資料の整理など。。。昼前にレンタルスペースに移動し、zoomで上野川先生にインタビュー。腸内細菌研究、食品免疫学の最前線についていろいろと学ばせていただく。科学者、研究者との対話は、知識面で手強いところもあるけれど、本当におもしろい。ニッチな研究を苦労して続け、世界像を積み上げてくれている方へのリスペクト、本当に忘れないようにしたいな。

お昼はほぼ断食で、そのまま午後もスタバでお仕事のはずが、なんと電源忘れてしまい。。。きょんきょんがテラスモールに行きたいと言い出したので、強制終了し、モール内でしばし読書。少し買い物して帰宅し、ごはんつくって食べて、夜は腸活の個人セッション。5回続いた僕のお話し、Uさんの今後に少しでもつながったらうれしい。夜遅くなってしまったので、終了後、早々に床につきました。


10月15日 Thursday
朝からしとしとと雨。今日はずっと天気が悪いみたい。きょんきょんは友達とランチしに金沢文庫へ。僕はいくつかの仕事を並行して、しずかに机に向かう。午後、めずらしくコーヒーをつくってみた。夜はきょんきょんのおみやげ、豆吉の豆腐を堪能する。明日は取材とセッション、どちらもオンラインだけれどね。しっかり準備しよう。


10月14日 Wednesday
午前中はちょっと野暮用で外出するきょんきょんに車に乗せてもらい、スタバでコーヒー飲みながらお仕事。きょんきょんと合流し、昼過ぎに帰宅。そーめんチャンプルーを即興でつくっている最中に、なんと光岡先生からお電話。フードジャーニーをお読みいただいた感想をわざわざご連絡いただき、恐縮しつつも感激。俄然やる気が湧いてきました。笑。

ごはん食べて、仕事つづけて、夕方にセッションひとつ。発酵の話をパワーポイントにまとめて、その全容を丁寧にお伝えする。あっという間の2時間、満足していただけたみたい。来月の第2回も楽しみ。晩ごはんはきょんきょんのセッションとぶつかるので、ひとりで発芽発酵玄米ごはんいただいて、あとは黙々とメルマガを。ちょい手こずったけれど、なんとかなっていまに至ります。おやすみなさい。


10月13日 Tuesday
今日は午前中、恵比寿へ。用事を済ませて、丹野さんとちょこっと話して、白いカレーうどんを食べて、午後は仙川のカフェでしずかにお仕事。最近、お仕事、お仕事。。。まあ、何をもって仕事というのか。笑。僕も恭子さんも世間から見たら出来損ないなので、よく楽しく生きていられるなあと思う。


でも、これからセッションは大事だね。僕の見えている世界を伝えていく、共有していく、そして何よりもその人が実際に変化、変容していくという点で。本の大事だけれど、本だけで完結していた時代は終わったのかな。そこだけで仕事をしている人は、きっといまが見えていないのだろう。さて、これからきょんきょんの忘れ物を取りにいって、あとは車で葉山へ。


10月12日 Monday
午前中、いろいろ用事を済ませ、車で仙川へ。途中で用があって東逗子に寄ったけれど、相変わらず何もないな〜。笑。馬鹿にしちゃいけないけど、駅前にカフェもないし。。。車中でおにぎり食べて(手作り)、仙川ではカフェでずっとお仕事。晩ごはんつくって、きょんきょんのママと3人で食べて、一日がつつがなく終わりました。。。つつがなかったかな?笑。


10月11日 Sunday
台風明けの一日、台風と言ってもほとんど雨ばかりだったので、台風一過の澄んだ空気は感じられず。。。でも、着実に季節は移ろっているのが感じられる。10時からzoomの相談会、ひとりひとり学ぼうという姿勢が感じられやりがいを感じるな〜。食材やサプリの注文、質問などもずいぶん届いた。

お昼をいただいたあと、久しぶりに海までゆっくり散歩。そのあとカフェテーロでコーヒー飲みながらメルマガを書き、途中からきょんきょんが来たのでいろいろと深い話をする。メルマガ、夕方までに終わらず。。。晩ごはんのあとこれも久しぶりに大河ドラマを観たら、意外に面白かった。ただ光秀を理想主義者として描くのかな? 四国説とかは触れられないんだろうな。夜中にメルマガを完了し、本を読んで就寝。


10月10日 Saturday
台風が急にUターン、朝から相変わらず雨ですが風はまったくナシ。天気予報も外れたし、なんかこんなあからさまなコース変更、自然からのメッセージを感じてしまう。ともあれ新しい本の原稿チェック、資料の整理。。。いろいろとエネルギー使う。いろんなことを思う。お昼を食べて、きょんきょんとおしゃべりしながらさらに続けて、夕方に買い物、スタバでお茶。。。雨なのに結構混んでる。帰ってきて土鍋ごはん。20時過ぎてしまったけれど、まあよしとしましょう。明日はセルフメンテ協会のzoom相談会。午後には雨がやんでいそう。ゆっくり散歩したいな。


10月9日 Friday
今日も朝から雨。。。明日の収穫祭どうなるかなときょんきょんと話していたら、中止のメッセージが。仕方ないけれど、残念だな〜。参加するつもりで土曜のファスティングを一日繰り上げてスタートさせましたが、それはそれで構わないか。午前中、こまごまと仕事して、午後はカフェで原稿チェック。夕方、歯医者さんに行って、ファスティングもあっという間に終わり。。。おいしく晩ごはんをいただきました。


10月8日 Thursday
今日は朝から雨。。。ちょい寒い。出版が決まったフードジャーニーの原稿をプリントアウトしたら、紙があっという間に減ってしまった。笑。いろんな方に読んでいただきたく連絡入れてますが、反応はさまざま。でも、決めたことをただひとつひとつやっていく。

お昼にさつまいもを少しかじって、きょんきょんはセッションして、終わったあたりで雨の中、車に乗って郵便局、それからカフェでお茶と読書。たましいの話など。帰って野菜ばっかりの夕食をいただき、いろいろ連絡していたらもう1日が終わりそう。明日も雨みたいだね。


10月7日 Wednesday
朝から鎌倉へ。車を停めて、市場で鎌倉野菜、パラダイスアレイで少しパンを購入。そのあと図書館で取り置きしておいた本をゲット、マニアックな本が並ぶ書棚をしばし眺め、何冊か借りて。。。ランチは何年かぶりに麻婆豆腐のお店でいただく。店名忘れてしまったけれど、開店前から結構並んでいて、一瞬引いたけれど入ってよかった。笑。そのあとスタバで夕方までお仕事。夜にきょんきょんの勉強会があるので、そそくさと帰宅し、そのあとも音楽聴きながらパソコンに向かう。雨で洗濯物が濡れてしまった。台風が近づいているみたいだけど、10日の収穫祭は大丈夫かな。。


10月6日 Tuesday
朝イチで車に乗って、モーニング的にちょっとお茶した後、久しぶりに深大寺に。きょんきょんのペットが眠っている霊園で手を合わせ、そのあといつものお蕎麦屋で十割田舎そばを食す。塩だけでも十分に深い味わい。天ぷらも不要。帰りに有平糖の落花生を購入。なんだかなつかしいな〜。

午後はまたカフェでしずかにお仕事。いろいろと見えない小さな一歩を踏んでいる。お世話になった先生方に何名か連絡を入れたり、コロナ以来閉じていた扉が少しずつ開かれているのが感じられるなあ。明日はこれまた久しぶりの鎌倉。何が起きるか楽しみです。


10月5日 Monday
午前中、きょんきょんがなぜかだるそうだったので、ソファに一緒に座って、きょんきょんがいちばん大事にしているものは何?と聞く。何のために瞑想しているの? なぜ祈っているの? そういうことを二人でしばらくやりとりして、そのあと少し仕事して、おにぎりつくって、お昼前に車で仙川へ。

午後はカフェでお仕事。いよいよ新しいステージに。。。と思いつつ、気持ちが本当に腹の底に沈んでいくのを、ゆっくりゆっくり待つ。手を動かしながら、しずかに待つ。この時間がいちばん大事なのに、じっとしていられない人が多いよね。ひとしきりあれこれやったあと、戻って晩ごはんつくって、YouTubeで玉置浩二の曲を聴いて、あたらしい本のリリースのコピーを考えて、1日が終わりました。


10月4日 Sunday
きょんきょんが早朝から藤田一照さんの坐禅会に参加するため、いつもよりちょい早くルーティンが始まる。一照さんのところまで徒歩30分弱。近所のようで近所ではないけれど、でも、ちょうどいい散歩コースになるみたい。昼にきょんきょんが帰ってきて、一緒にうどんを食べて、僕は静かに仕事。。夕方にカフェテーロでコーヒー飲んでいたら、カヌーの練習が終わったきょんきょんから呼び出しが。急いで帰るよと言いながらゆっくり帰り、晩ごはんは久しぶりの土鍋炊き。美味しくいただきました。豆吉の豆腐もこれが最後。


10月3日 Saturday
朝からファスティング。オートミール少し食べて、ぼちぼち仕事して、お昼前にきょんきょんと車で外出。途中で別れて、銀座へ。。。Mac買って以来かな〜。まあ新橋寄りなんですが。。で、少しお茶して、ホント久しぶりに美容院でカットしていただき、帰りは新しくできたストリートをテクテク歩いて新橋から帰還。断食明けのご飯、豆吉の豆腐がやっぱりおいしかった〜。


10月2日 Friday
今日は満月ということで、午前中に恒例の窓拭き。そのあとずっと仕事して、夕方からファスティング開始にしたので、お昼はちょいしっかり食べました。夕方近くになり、きょんきょんは金沢文庫の浅葉さんのところのセミナーへ。僕はカフェテーロで少しお茶して、夜は断食しながら個人セッションひとつ。丁寧にやっているので時間かかってしまいますが、プログラム的にはあと1回。コツコツ準備して、やっていることのすべてが、未来の布石になっているのを感じます。


10月1日 Thursday
今日は朝からスタバでコーヒー飲みながらお仕事。いろいろ佳境に入ってきて、ちょっと緊張するな〜。で、昼過ぎに恭子さんと合流して、逗子でちょこっと買い物。今日から10月か〜。以下は、セルフメンテ協会の皆さんにメッセージしたお話し。ミームって、まあ、たましいのことなのだと思いますよね。
↓  ↓  ↓

先日の相談会でお話しした遺伝要因と環境要因、ふわっとイメージはできたでしょうか?
遺伝というとサイエンスのにおいがすごくしますが、僕は精神のリレーを含めて「未来に遺すもの」だと感じています。
実際、DNA的な遺伝情報以外にヒトは文化とか伝統とか、目に見えないものを生み出し、遺していきますよね?

ミームと呼んでいる人もいますが。。。それは決して大袈裟なものではなく、外側の評価とも関わりなく、その人が「この世界に遺していきたい大事なもの」。

皆さん一人一人、どんなものが思い浮かびますか?

僕たちの身体って、老いていつかは無くなってしまう儚いものですが、そうしたものを遺そうという内なる本能を、無償で、全力で支えてくれているんですね。
それが実感できるようになってくると、身体に対して感謝の気持ちが湧いてくるし、やっぱり大事にしよう、いたわってあげようという気になります。

僕にとって、ここがセルフメンテナンスの原点で、サンクチュアリにつながった世界であったりします。にわかに言葉にできないかもしれませんが。。。本能や直感は必ず感じているはずなので、時々問いかけてあげるといいかもしれません。


9月30日 Wednesday
午前中ちょこっと仕事して、昼に役場に野暮用があったので散歩がてら外出、そのまま近くにある噂に聞いていたパン屋さんへ。ちょうどランチ前、イートインもできる感じでしたが、おばさんたちでびっしり。笑。ちょこっと買って帰ろうと思ってましたが、ランチしていくことに。なんだか結構な金額でしたが。。。想像以上に美味でびっくり。結果オーライでした。笑。

午後はずっと家にこもってお仕事、夜、きょんきょんがセッション勉強会ということもあって、断食っぽくすごして、黙々とパソコンに向かってました。


9月29日 Tuesday
午前にきょんきょんと恵比寿にお出かけ。いつもの用事を済ませて、丹野さんともちょこっと会い、ランチした後、僕は仙川に戻ってカフェでお仕事。いくつかいろいろ並行させながら、すべてがじわじわ進んでいる。カオスと生成の世界だね。仙川にいるとごはんの量がどうしても増えるので、葉山に戻ったらちょい調整しよう。夜遅くに帰還。思わぬことが発覚したけれど、その対処は明日ということで。


9月28日 Monday
久しぶりに晴れ上がった朝、ちょい寝坊してしまったが、朝ごはん少し食べて、近所をふわっと散歩。そのあと仕事して、身支度して、おにぎりつくって、一路仙川へ。カフェで仕事して、夕方、ごはんつくって、今日もつつがなく一日が終わりました。


9月27日 Sunday
午前中、月イチのセルフメンテナンス協会のzoom座談会。いろいろお話しして、ゆかしいと課題も共有して。。。そのまま少し光が差し込めてきた葉山を散歩、森戸まで足を運んで、超久しぶりに「後楽」でランチ。いろいろあったけれど、とにかく復活してよかった。そのあときょんきょんはカヌーの練習に、僕はまたカフェテーロで夕暮れまで静かにお仕事。セッションの相談いくつかあったり、縁のある人の変化をじわじわ感じるこの頃。もうひとつ高いレイヤーにアセンションする段階に来たみたい。笑。ゆかしいともしっかり話し合わないと。


9月26日 Saturday
朝から霧雨、少し肌寒く、いつの間にかすっかり秋なのかなと改めて思う。今日は月イチの方位取りの日なので、指定の方角にある某カフェ(?)できょんきょんと朝のミーティング。今後のビジョンについて語り合う。で、葉山ステーションで野菜買って、お昼にゆかしいと電話して、あとは家で静かに仕事。音楽聴いたり、ビデオ見たり、本当にいい時間。そういえば、これまた週イチのプチファスティングということで、日中はずっと生姜紅茶をちびちび飲んでました。晩ごはんも精進系の献立。いい感じに一日が過ごせました。


9月25日 Friday
いろいろと決めたいことがありつつ、でも、無理に決めない。そんなふわっとしたところにとどまって、自分の気持ちを信じてみる。今日はそんなふうにして、結果としてひとつひとつ決まっていく。。。はたから見たら何のこっちゃだけど、そういうことが心の奥で動いてた日だったなあ。Gさんの「なぞのなぞりの旅」という曲があって、そのさびがすごくいいんだけれど。。。

ひどい汗をかいたままで僕は ぼんやりしてる だけど頭のなかではしゃべってる
ほんと君なんかよりも ずっとしゃべっている
ぬるい真昼の静けさなんて こんなふうにできている

午後に久しぶりにカフェテーロに行って、夕方は歯医者。晩ごはんゆっくり食べて、しあわせなうちにまた夜がやってきた。明日はちょっと早く起きよう。


9月24日 Thursday
台風はやはり遠くに逸れたようで、朝から雨もなく。。。昼過ぎに光が差し込めたりしたので、郵便局に行きがてら、きょんきょんと散歩に出たら急に風が! で、そそくさと退散し、車でスタバへ。笑。なぜか混んでいるスタバ。。。皆さん、台風は心配ないの? ないか。。。笑。暗くなるまで仕事したり、きょんきょんと話し合ったり、で、買い物して帰宅。ひさしぶりに土鍋でごはん炊きました。アスパラ、うまいな〜。


9月23日 Wednesday
仙川で一日すごす。。。きょんきょんは両国に鍼に行ったため、某カフェで夕方までコツコツお仕事。晩ごはんをきょんママと食べて、夜に葉山に帰還。台風が近づいているらしいですが、今回はなんとなく大丈夫そうな気が。葉山では、昼には雨もやんでいるだろうと思っています。


9月22日 Tuesday
午前中、一色海岸に散歩に行って、そのあとお昼前に車で仙川へ。で、午後からカフェでずっとお仕事。今日は秋分。連休の最終日ということもあって、道路もお店も結構混んでいたなあ。


9月21日 Monday
今日はきょんきょんが茅ヶ崎でワークショップとのことで、車に便乗して湘南Tサイトへ。連休中ということもあって、結構混んでる。。。スタバで原稿をチェックして、そのまま昼が過ぎ、電源なくなったのでラウンジに移動して、そのあと次の本の表紙イメージを整えるべく、あちこちめぐって。。。思ったような成果がなかったけれど、でも、家に帰ってから不意にイメージが湧く。そういうものだなと思いつつ、なにげに楽しい1日だったなあ。


9月20日 Sunday
朝から森戸まで歩き、「みかん」さんで久しぶりの朝カフェ。断食明け以来、久々のコーヒー解禁。笑。で、ずっと消息不明?だった「後楽」のおばさんともバッタリ遭遇し、きょんきょんは驚喜。てくてく歩いて、図書館に寄って帰り、午後はゆっくり仕事しました。


9月19日 Saturday
午前中、週イチのプチファスティングをしながら、これから刊行する本の原稿を読み返し、赤字を入れ。。。これからのことに想いを馳せる。きょんきょんとワンネスをテーマにzoom収録。夕方、例によって海まで散歩し、雲を見ながら語り合う。夜は杉浦さんのzoomエクササイズに参加。アスパラガスも届いたし、アーシングのキッドも新たに届いた。なんだかいろいろと動き出している。


9月18日 Friday
午前中はメールの返事をしたり、いろいろやってるうちにすぎゆき、きょんきょんはランチしに行ったので、一人寂しくパンをかじった後、午後はセッションの準備。ものすごく集中したせいか、夕方ちょっと疲れたので、帰ってきたきょんきょんと逗子で買い物。車中のプチミーティングでだいぶ心が癒される。

で、夜は「山ちゃん」のネイティブの講座をオンラインで聞いているきょんきょんを尻目に、腸活のセッション。3回目のレクチャーになるけれど、興味深く学んでいただけてるみたいでやりがいを感じます。2時間半たっぷり。遅くなったので早めに寝ました。


9月17日 Thursday
今日は新月。はじまりの日。ということで、朝起きたらいつものルーティンのあとに、家の窓拭き。せっせと窓拭くたびに、またこの日がやってきたな〜と思う。で、きょんきょんとスタバに出かけて、少しだけこれからのことについて話し合う。夕方、清めの塩を流しに久しぶりに海へ。水が冷たい。もう秋だな〜。夜は藤代くんの月イチzoomに参加したけれど、これがなかったらもっと早く寝ていたかな。いいお話が聞けました。


9月16日 Wednesday
久しぶりに葉山でのんびりと一日をすごす。午前中は原稿をじっくり読み返して、午後は金曜のセッションの準備。夕方ちょこっと買い物して、夜は急きょ決まったゆかしいのテキーラBAR再開のzoom会に参加。途中で眠くなってフェードアウトしましたが。。。笑。新月、秋分と節目が続くなか、次のサイクルがもうまわりはじめているのか、いろいろ新しい展開が見えてきました。

そう言えば、先日、きょんきょんの母方の実家のお墓参りして、きれいに掃除させていただいたら、ふいに「今日はおじいちゃんの誕生日!」とわかって驚いたわけですが。。。昨日は妹から僕の母方のルーツにまつわるおもしろい話を聞かされ。。。まさにご先祖様総動員で、僕たちにいろいろサジェスチョンが届いてるのを感じます。新しいミッション、かなり大がかりなものになるのかも。さらに腹を括らないとね。


9月15日 Tuesday
今日は午前中、恵比寿へ。ルーティンな用事を済ませて、断食明けなので塩そばを食して。。。あとは仙川に戻ってゆっくりお仕事。いろいろなことが動き出している。それを静かに感じている自分がいて、明晰差は増しているけれども、世の中との微妙な距離感のずれも感じる。

意識の変化ひとつで間合いが変わる。はた目には同じに見えても、もう前と同じ場所にはいない。意識だけがまだ同じと感じていて、ずれを生んでいる。夕ごはんにまたそばを食べて、ゆかしいと少し話して、車に乗って、葉山に帰還。5日ぶりに我が家に帰ってきた。


9月14日 Monday
断食明け、今日は仙川で一日ゆっくりお仕事。きょんきょんは先日の鍼をまた体験するべく、両国に向かいました。僕ももう少しやってもらおうかなと。セルフメンテな日々だな〜。


9月13日 Sunday
朝に3回坐禅して、回復食の梅流しをして、参加者の皆さんと歓談して、明けの日の食材を買って、つつながく帰還。。。と思いきや、中央道がまさかの渋滞。これはすぐに帰れないなと判断し、甲府で温泉に立ち寄り、気を取り直して帰路に着くも渋滞は解消されず。仙川に築いたのは9時直前。「半沢直樹」に間に合ってよかった〜。笑。

以下、坐禅断食の感想。セルフメンテのコミュニティでコメントしたものの一部です。

おはようございます。3日間の坐禅断食、昨日無事に終了しましたが、学ぶところの多い体験でした。

なぜ坐禅&断食なのか? 断食しながらひたすら坐禅していくわけですが、坐禅は一般的な瞑想と違って半眼で座り続けるので、活動時の交感神経と休息時の副交感神経がバランスよく活性化されるようです。

腸のぜん動は副交感神経が担っていますが、副交感神経が優位になりすぎる(リラックスしすぎる)と、メンタルはうつのほうに傾いてしまうわけで。。。 実際、うつの人は便秘の人が多いというか、腸が動いていないからメンタルが落ちるわけです。 その意味でも、交感神経と副交感神経をともに刺激するという発想は興味深く、適度なリラックスと適度な緊張のなかで20分の坐禅を計15セット体験するというのは、なかなか貴重です。日常でやろうとしてもちょっと難しいですから。。。

で、坐禅15セットが完了した断食明けに、梅を溶かした大根の煮汁をひたすら飲んでいき(梅流しといいます)、腸のデトックス(宿便の排泄)をうながすわけです。

興味のある方にはご案内しますが、それなりにハードなので軽い気持ちでの参加は禁物かなと思います。 それから、事前に食の改善(ステップ1の腸活)をしっかりされてから参加されたほうがいいですね。ごく一般の方が参加できる会ですが、いませっかく一緒に学んでいるわけですから。。。自分なりに身体を整えてから検討してください。 まあ、断食に興味があるのであれば、まずは週末のプチファスティングからですね! 


9月12日 Saturday
坐禅断食2日目。午前中、さすがにちょっとふらつく。そう、坐禅は思っている以上にエネルギーを使う。座っているだけのようで、そうでもない。一度法蔵さんのところで体験しているので、昼過ぎの合掌行含め、落ち着いてひとつひとつ丁寧に体験。夜もゆっくり眠りました。


9月11日 Friday
今日から三日間、山梨の北杜市のある庵で断食リトリート。野口法蔵さんがはじめた「坐禅断食」を体験してきます。葉山から恭子さんの車で12時過ぎに出発。朝ごはん少し食べて、日中はずっとお水のみ。で、北杜市に入ってまず地元の温泉で身体を清め。。。断食中はお風呂もゆっくり入れなくなるので、のんびり英気を養ってたら、なんと入浴中にメガネを紛失。

過去にこんなことなかったけれど、なぜか見当たらず。。。まあ、メガネなしで3日間過ごすのもいいかなとすぐにあきらめ、会場であるひのはる庵へ。今回の断食には僕たち夫婦も含め8名が参加。案の定、最初の説明を受けている最中に温泉から電話が。メガネ見つかったという連絡かなと思ったけれど、電話には出ず。。。終わったら取りに行こう。この日は2回坐禅して、就寝しました。


9月10日 Thursday
今日で9月も10日か〜。じわじわと秋の気配も感じられるような。。。明日から3日間、坐禅断食のリトリートということもあり、今日は逗子に用事で出かけたついでに、定食屋さんでランチ。しばらくコメのごはんが食べられなくなるので。。。笑。夕方、海岸をゆっくり歩き、帰宅。これからメルマガ書かないと。リトリート中なにもできないので。。。って、最近、メルマガ執筆に追われていて気がヘンになりそうだ。笑


9月9日 Wednesday
きょんきょんの実家に急に行くことになったのが前夜。で、そのまま二人で両国に向かい、鍼治療を初体験。カッピング、温熱とセットで約2時間。いやー、なかなかの凄腕というか、一通り終えた後の整い感。。。まさにメンテナンスにぴったりですね。午後はせっせと原稿、メルマガ。。。その日のうちに葉山へ帰還。


9月8日 Tuesday
古いパソコンの下取りとか、いろいろとたまっていたto doリストを一つ一つクリア。それにしても出版はどうしよう? 手を動かしながらじっくり考える。夕方、恭子さんとスターバックスへ。今日もまたつつがなく1日が終わったな〜。と思ったら、夜に思いがけないことが。。


9月7日 Monday
午前中は新しい本の出版について、あれこれ思案。ほぼほぼ刊行のハラは整ってきたのだけれど、ちょっとすっきりしないところもあり。。。午後にきょんきょんとカフェテーロでお茶したら、何気ない一言で一気に氷解した感が。何やら思わぬ方向から光が差し込めてきた。。。お店ではオーナーの方とコスタリカ談義もでき、こちらも興味津々。カフェテーロはコスタリカコーヒーオンリー、古民家とコスタリカ、不思議な融合が気に入っています。


9月6日 Sunday
午前中はセルフメンテナンス協会の月イチのzoom相談会。「消化吸収」をテーマにお話ししましたが、取り上げる内容も少しずつ共有されている感があり、やりがいを感じます。終了後、きょんきょんと夏季限定の「甘氷屋」を再訪。9月一杯で閉まるので、ことし最後の訪問になるかな。。。いやはや、舘野さんのイマジネーションと料理家としての腕前、ほんとうにすばらしい。夜は必死になって、明日配信のメルマガを書き上げました。笑


9月5日 Saturday
こんにちは。昨日、千葉鴨川の林良樹さんの棚田に、井島さんご夫妻と稲刈りに行ってきました。

棚田オーナーに登録していながら、コロナもあり足が遠ざかってましたが。。。久しぶりに久里浜からフェリーに乗り、棚田の広がる釜沼集落に向かい、ホントささやかな感じですが稲刈りをお手伝いできました。

久々に再会した林さん、しばらくお会いしないうちに精悍さが増し、なんだかバージョンアップされてたな〜。

汗びっしょりになった後、皆さんと美味しい昼ごはんをいただき、午後は近くに移住してきた福岡達也さん・梓さんの新居を見学。こっちも新しい世界の創造がはじまってる感じで、ワクワクしました。

他にもクリスさんと再会したり、「小さな地球」という新しいプロジェクトの拠点になる古民家を見学したり、ナマケモノ倶楽部の皆さんとお茶したり。。。なんだか盛りだくさんの一日でした。

また機会をつくって、今度はセルフメンテナンス協会のメンバーと一緒に遊びに行くのもいいかな。時代の最先端はローカルにあることを再認識。ホント、あちこちで新しい時代のタネが芽吹いてました。

ご一緒できた井島健至さん、春さん、ありがとうございました。小さな旅、楽しかったですね。またゆっくりお話ししましょう〜。

Facebookより転載


9月4日 Friday
岩見沢市の斎藤さんの紹介で、東京大学の加藤裕之先生とzoomでお顔合わせ。斎藤さんとのつながりもあって「下水道」がテーマなのですが。。。これがなかなか興味深く。「身体の内側も循環、外側も循環、このふたつの循環をつなげること」について楽しくお話ができました。

夕方、歯医者さんに行って、夜はセッションを一つ。腸活ベースのラーニングの2回目なのですが、テキストの範疇をはるかに超えて2時間以上、たっぷりレクチャー。こちらも楽しい時間でした。


9月3日 Thursday
一日みっちり仕事してました。笑。午後、一服しに近所のカフェテーロへ。このパターンがわりと癒されます。


9月2日 Wednesday
今日は午後から小田原訪問。ゆかしいのバックボーンに触れることができ、美味しいものもいただき、いろいろと刺激の多い一日でした。車移動、ハードだったな〜。


9月1日 Tuesday
仙川で一日こもって資料を作成。今日もあっという間に一日が終わり、夜ごはんつくって夜半に葉山へ帰宅。小さなシンクロが小刻みに続いている毎日です。


8月31日 Monday
8月最後の一日。慌ただしく午前中を過ごし、お昼前に車で仙川へ。午後はずっと猿田彦にこもって、セルフメンテナンスがらみのお仕事、ゆかしいとやりとりしたり、あっという間にタイムアップでした。


8月30日 Sunday
今日、リトリートに来られていた会員の安西さんと葉山の海岸沿いでバッタリお会いしました。

葉山に来られていることは知ってましたが。。。ありえない場所、タイミングだったのでびっくり。 まあ、セルフメンテして身体が整ってくると、こういう妙なシンクロは結構増えてきます。それでふわっと人生が動き出したり、変化のきっかけになったり。。。 次はどなたとバッタリお会いすることになるか。。。いまから楽しみにしています。笑。

(セルフメンテナンス協会・会員向けメッセージより)


8月29日 Saturday
8月ももうすぐ終わりですが、夏はまだ少し続きそうですね。

この夏のトピックは、自作のワラーチで過ごしたこと。原価1500円。笑。
サンダルの靴底の厚さに慣れていた身としては、わずか7ミリのソールはかなり刺激的でした。ほぼ裸足の感覚に近く。。。アスファルトの上でも「歩いてる〜」という感じがしますよね。

靴のルーツを調べてみたら、縄文人もすでに履いていたらしく。。。いや、もっとずっと昔、たぶん草原で暮らしていた初期の人類は裸足でも平気だったはずですが、地球のあちこちに散らばっていくなかで寒冷地とか岩場とか、足裏を保護する必要が出てきたんでしょうね。

とはいえ、現代人のようにガッチリ足をガードしてしまうと、大地とのつながりはどうしても薄れます。

身体もロックされ、だんだんと「固めて守る」ことが普通になってしまいます。おそらくそれは意識にも反映され。。。いまはそうした拘束をほどいていく「解放のプロセス」にいるんでしょう。

昨日、恭子さんがワラーチづくりの講習を受けてきたので、今日は海辺でダブルの共演。笑。やっぱり出来栄えが全然違っているな〜。

都心だとさすがに日常履きは難しいかな? しかし、この心地よさに慣れてしまうと靴の暮らしになかなか戻りづらい。。。少なくとももう少し涼しくならないと。

しばらく夏を楽しみつつ、解放のプロセスを体感していきたいなと思っています。

★ハッピーワラーチStore


8月28日 Friday
恭子さんが不在ということもあって、おうちでじっくりパソコンワーク。で、夕方に歯医者さん。夜に「だれも知らない小さな国」を読み返したら止まらなくなって、いまさらながら感動が押し寄せてきた。サンクチュアリ創造のお手本みたいな一冊。名作だ。


8月27日 Thursday
海の近くに住んでいるのになかなか海に行けない、夏も終わるというのに。。。

そんな微妙な焦燥感?にさそわれて、夕暮れ前の一色海岸へ。

アーシングのことをセルフメンテナンスのメンバーにすすめながら、そう言えば最近は「山もいいなあ、高原も素敵だなあ」と浮気してた気がします。笑

午前中、木戸さんにすすめられたナオミ・クラインのインタビューを見ていたら、「地球も私たちにスローダウンを求めています」という言葉が胸の奥を通り抜けていきました。

スローダウンなんかしたら、とても生きていけない。仕事はどうするんだ? とか、いろいろな声が聞こえてきますが、でも、地球はそれを望んでいるんだと、わけもなく腑に落ちる自分がいて。。。

僕自身、「脱アドレナリン生活」という言葉がふっと湧いてきて、よく口にするようになりましたがニュアンスは一緒。

アドレナリンって、闘争ホルモンもしくは逃走ホルモンと呼ばれていて、人類の歴史のなかでどれだけ酷使されてきたかっていう感じなのですが。。。

日本人は修羅の世界に身を置きながら、同時に「戦わずして勝つ」世界を求めてきましたよね。

アドレナリンはノルアドレナリンとセットのようになって分泌されますが、そのあたりは適度に通りすぎて、スーッとドーパミンやセロトニン、つまり「快」の世界につながってもいいのでは?

それは生き方で言えば、恐怖を乗り越える、ということ。

何の恐怖? それは自分の細胞に内蔵された。。。38億年かけて引き継いできたもの。

スローダウン、脱アドレナリン、どちらも新しい人類の体験、それもきっと集団レベルの実験として、これから歴史に刻まれていくんだと思います。不安や恐怖を突き抜け、やわらかな、優しい生き方へ。そこだけ本気だして、真剣に向き合って、あとはゆるやかに、適当に。。。笑。

大丈夫、それでも生きていけるというコンセンサスが得られたら、きっと世界は変わるでしょう。


8月26日 Wednesday
今日は一日ゆっくりと未来のことを思い、計画を立てる時間に充てました。夕方にはゆかしいとミーティング。その後、散歩がてら井島さんの作品を見に一色ボートへ。いろいろなものが整ってきているのを感じます。


8月25日 Tuesday
きょんきょんときょんきょんのお母さんと3人で、用があって恵比寿へ。お昼に白いカレーうどんを食し、ふたたび車で仙川へ。午後は猿田彦でずっとパソコンワーク。何気ない一日でしたが、いろいろなことが動き出しているのを感じます。それにしても昨日のお墓参り、きょんきょんのおじいちゃんの誕生日だったことがわかり、かなりびっくり。呼ばれているとしか思えない!


8月24日 Monday
ホテルで目覚めた早朝、近くの森を散歩し、高原の心地よい朝を満喫。その後、清里のパン屋さんで朝ごはんを購入、パクパク食べながら今日は山梨の実家のお墓参り。父方と母方、きょんきょんと2人でこっそりまわって、その後、彼女の母方のお墓のある八王子の霊園へ。炎天下の中、せっせと草刈りをして、墓石を拭いて。。。以下、セルフメンテ協会の会員の皆さんに送ったメッセージ。今日は仙川に泊まります。

こんばんは。昨日・今日と山梨→都内を車でまわってお墓参りツアーしてきました。

前にも書きましたが、食事を見直したり、サプリメントを取り入れたり、呼吸法などを実践したり。。。そうしたやり方でも身体は整っていきますが、たとえば部屋を片づけることでも「整う」感覚ってありますよね?

祖先に手を合わせることも、整えることの一つ。

そう、歴史がなければ「いま」はないわけで。。。遺伝子レベルではそれだけの膨大な記憶が細胞に内蔵されているわけです。

特に何か新しいことを始めたり、大きなチャレンジをしたりする時、昔の人は祖先に手を合わせ、未知のポテンシャルを引き出すスイッチにしてきました。

生命誌を提唱した中村桂子先生が「地球上にいきている生き物はすべて38億年の歴史を持っている」と話されているように、僕たちの細胞にはそれだけ膨大な記憶が内蔵されています。

自分が何を新しいことをやっているつもりでも、じつは記憶が呼び起こされ、別の形で表現されている。。。つまり「歴史は繰り返されている」わけですね。

その繰り返しを通して、眠っている感覚(記憶)をいかに蘇らせるか? 今回の旅も、思いがけない気づきが多々あり、細胞活性をうながすとてもいい機会になりました。 記憶のスイッチについては、科学のレベルでもかなりわかってきている感じなので、いずれじっくりシェアしたいと思っています。


8月23日 Sunday
仙川からきょんきょんと車で小淵沢へ。一年以上ご無沙汰していた浅川さんのところを訪ね、お預けしていたパネルをいただく。まあ、なんの話かわからないかもしれないけれど。。。笑。で、その後、親が「帰ってくるな」というので山梨の実家には寄らず(笑)、八ヶ岳のホテルで宿泊。なぜここにしたかというと、星空を見たいから。

ハワイのマウイ島、それからペルー・ボリビア国境のチチカカ湖でも素晴らしい星空を見たけれど、やっぱり星は素晴らしい。それから夏の高原の心地よさ。いろいろなことを思い出し、味わえた1日でした。スマホで撮影したのは、おそらく琴座のベガ。


8月22日 Saturday
今日は午前中プチ・ファスティングして、午後から仙川の実家へ。早めの晩ごはんの後、某所にて久しぶりの稽古会参加。あまりに学ぶことが多く、静かに感動する。特に一歩踏み出す感覚は、僕にはあまりないので。。。人生そのものが映し出されているようで、いろいろと感じるものあり。


8月21日 Friday
いろいろあった末、ようやくキッチンのガスコンロの取り替え工事が完了。引越しの時、グリルが使えない状態のものが取り替えられないまま(うちがチェックしてなかったという理由で)2年以上経過。笑。ちょっとひどいなあと思って不動産屋に訴えたら、あっさりOKになり。。。

パソコン買い換えたり、歯医者に行ったり(?)、いろいろとリニューアル進んでいます。笑。夜は腸活ラーニングのセッション第1回。僕のセッション受けられる人は幸運だと思うよ。結構な金額だけれど、僕の過去のリソース全て注ぎ込むわけですから、いろいろな意味でコスパ最高です。


8月20日 Thursday
恭子さんとの予定があったので、久しぶりに電車で銀座へ。。。このシチュエーション、コロナ自粛以来、始めてかな。で、彼女は美容院へ、僕は美容院の入口まで送り届けた後(笑)、炎天下をテクテク歩いてAppleストアへ。新宿遠征でほぼ目あては決まっていたけれど、いろいろ手間取り。。。なんとかMacBook PROをゲット。

その後、恭子さんと合流して、そのまま帰るのももったいない気がして、スペインバルでちょこっと暑気払い。葉山と仙川以外でゆっくり過ごしたのはいつ以来だったかな〜。


8月19日 Wednesday
今日は午前中にスタバでちょこっとお茶して、あとは家に帰ってお仕事。。。いや、何をもって仕事というのか相変わらずわからないですが。。。笑。夕方、恭子さんがzoomの勉強会を終えたので、気分転換に逗子でお買い物。

彼女の朝の定番、豆乳ヨーグルトの原料(市販の豆乳ヨーグルトを豆乳で増やす)を買いにOKストアに行きましたが、他にビール以外、特に買うものがない。いやあ、普通に買い物してる人には悪いけれど。。。


8月18日 Tuesday
仙川2日目。午前にカフェで一仕事したあと、新宿へ遠征。ホントいつ以来だろう? AppleでMacの買い替えの相談をしたわけですが。。。空気的に感じますね、コロナの圧みたいなものを。この空気の中で過ごしていたら、ちょっとつらいかな。葉山とのギャップに少し驚く。

コロナはただの風邪。。。かはわかりませんが、でも、どうも過剰に、過剰に、物事が動く方向に進んでますね。動くというより動かされている。時代が何か強制的にチェンジさせられる。。。それが自然界の見えざる計画なのかもしれない。


8月17日 Monday
今日は葉山から仙川へ。。午後にセッション一つ、吸収力の高い方だったのでかなり伝わった感触。何気にずっと秘められていたサンクチュアリの世界が、この時節、いよいよ世に出ようとしているのを感じますね。

夜は何かとご縁のある杉浦さんのzoomにちょい参加。ちょっと無縁のイメージだった彼女もzoom進出なのか〜と、これも時代の変化を感じました。笑


8月16日 Sunday
zoomのお話会を終え、せっせとメルマガを書き。。。笑。一息ついたところで、テクテクと散歩がてら、御用邸近くの「甘氷屋」にお邪魔してきました。

築80年の古民家を利用したengawa cafeで、夏の土日だけ開業している「かき氷屋」さんなのですが。。。噂に違わずというか、次元を超えたかき氷が堪能できました。ここまでつくれたらすごいな〜というものを、つくっておられる感じ。ロケーションもよく、ホント感動しました。

ひと夏の思い出かな〜と思っていたら、9月末まで営業とのことなので、あと1〜2回は行けたりして。その時は噂のいなり寿司、干瓢巻きもいただこう。。。舘野真知子さん、網野 香奈江さん、ありがとうございました!

★かき氷 engawa kanpyoya
https://www.facebook.com/engawakanpyoya/


8月15日 Saturday
本日は午前と午後にセッション。会員の方を対象にしたものだけど、コミュニケーションの場にもなり、今後の糧にもなり、じわじわ力がついていく感じがありますね。先を見据えながら、じっくりとこのペースを続けていこう。


以下、FBより転載。

今日はお盆ですね。
うちは来週にお墓参りツアーを企画していますが。。。祖先とのつながりということでふっと思い出すのは、ハンカチーフ・ブックスの「TISSUE vol.4」で生物学者の高木由臣さんを取材した時のこと。

高木さんはゾウリムシの研究を通して生物の寿命の起源を探ってこられた方ですが。。。僕が興味深く感じたのは「ジャーム」と「ソーマ」という概念。
簡単に言うと、有性生殖をする細胞がジャーム(Germ)で、そのほかの体細胞がソーマ(Soma)。ジャームが父母から受け継いできた遺伝情報を、一代限りのソーマが支えているのが、大型化した生き物のいのちの仕組み。有限の世界に生きる僕たちの背後には、つねにジャームの世界が広がっている。

祖先のたましいはジャームの領域。文系目線で言えば、ジャームの無限の継承のなかで歴史や文化が生まれ。。。何よりも大事なのは、それが一つ一つの細胞に情報として組み込まれているということ。

僕たちは決して一人ではないし、厳密な意味で「個体」は存在しない。それは体内に共生する菌やウイルスたちの存在からも明らかですが、ここに時間軸のなかで積み重なってきたたくさんの人たち、あらゆる生き物の「記憶」が加わります。

僕たちはやがて死にますが、そこで終わりではなく確実に続いていくものがある。。「いま」の自分を支えてくれる身体に感謝しつつ、目に見えない細胞レベルの記憶を意識する。それが大事な時間、祖先を敬い、感謝することの意味だと思います。

以下、高木さんへのインタビューより。
↓  ↓  ↓
——精子と卵子が受精して、分裂していく過程で細胞がジャームとソーマに分かれ、そのうちのソーマ(体細胞)が老死に向かうと。一般にはそれを死と呼ぶということですね?

高木 ええ。それに対して、ジャームは有性生殖によって新たに受精卵をつくることで抑制を解除し、細胞分裂を再開するわけです。

——そこでまたジャームとソーマの分化が起こり、受精によってジャームのほうの遺伝情報が次代に継承されていく……。

高木 その意味では、ジャームを「残る細胞」、ソーマを「捨てられる細胞」とも言い換えられます。

——大型化した生き物は、ジャームを活かすためにソーマが存在している? なにやら肉体と精神の関わりとも重なりますが……。

高木 ソーマは、ひたすらジャームを活かすために存在していると考えたらいいでしょう。一生懸命ジャームをサポートしているんです。


8月14日 Friday
夏はあっという間なので、今日も夕方に一色海岸へ。。。
先日のzoomお話し会で、「アドレナリンを出さない生き方」という言葉をふっと口にしたんですが。。。頑張ってはダメということではもちろんなくて、気持ちを駆り立て、無理に奮い立たせなくても、多分、この世界はちゃんとまわっていくという。。。

いや、ちゃんとまわって、自分の思いもカタチになって、しかも、負のエネルギーも発散されない。。。ヒトはそういうふうに生きていけると感じます。

逆に言えば、無理やり頑張ってきたエネルギーが、地球の環境にどんな影響を与えてきたか? コロナウイルスによって「密」(過密な環境)から引き離されることで、環境問題の本質がじつはストレスにあったと感じた人も少なくないのでは?

そうしないと生きていけない? でも、身体は嫌がっている。。。身体は自然の一部だから、自然もそれは望んでいない。でも、そうは言っても。。。そんな声も聞こえてきたりする。

どうしたら実際に変わっていけるだろう? 理想と現実を寄り添わせ、バランスを回復させられるだろう? ふっと振り返ってみると、8月に入って以降、あちこちでこんな話ばかりしている気がしています。笑。


8月13日 Thursday
葉山に戻ってきて、午前中仕事して、午後は炎天下のなか、何を思ったのか海沿いをテクテク歩いて、一色から堀内まで散歩。スタバでお茶して、旭屋に寄って、久しぶりに葉山図書館へ。少しずつ脱コロナの空気もありつつ。。。でもねえ。笑


8月12日 Wednesday
恭子さんのママが先日、53年に及ぶ教員生活&リトミック指導に終止符を打ったということで、午前中に3人で仙骨の調整をしてもらったあと、仙川のキックバック・カフェでお祝いのランチ。ここのごはんは手が込んでいて、ホント安定した味わい。ママは麺をいただいたあとパフェも。笑。長い間、お疲れ様でした。


8月11日  Tuesday
今日は仙川へ。午後に着き、いつものようにカフェでお茶して、zoomでミーティング一つ、つつがなく終わった一日でした。


8月10日 Monday
今日はシークレットの講座。先日に続いて2回目(これが最後?)ということで、金沢文庫のアサバアートスクエアへ。。。

ここに集まった人たちとの不思議なつながり。久しぶりの再会もあり、歓談も含めて夜10までたっぷりかかりましたが、得るもの多かったな。木戸さんの世界との重なり合いもだいぶ見えてきて、井島夫妻とのご縁も含め、これからまた楽しみになってきました。


8月9日 Sunday
今日は月イチのzoom相談会。セルフメンテナンス協会の会員の皆さんとコミュニケーションできる貴重な機会でもあり、ゆかしいとしっかり準備して臨みました。そのせいもあってかなり盛りだくさんでしたが。。。笑

少しずつ軌道に乗りはじめてますが、言い換えれば、次のステップの準備が必要ということですね。はい、じわじわと形になってきている気がします。これから大事なのは正直さや率直さ、その根底にある覚悟や情熱なんだろうなと改めて感じます。


8月8日 Saturday
昨夜から毎週恒例のファスティング。まったく食べないわけではないですが。。。朝も昼もお腹の負担にならないものをちょこちょこっと。

こちらはお昼ですね。15時からは月イチのスピリチュアルお話会。きょんきょんの発案でスタートして、今回が3回目。しかしまあ、サンクチュアリの話をすることになるとは。。。時代はどんどんと変わってますね。


8月7日 Friday
今日は久しぶりに骨ストレッチの松村先生とzoomでミーティング。zoomでやりとりする日が来るなんて。。。これまでは東京駅で待ち合わせだったのにとお互い笑いました。いろいろ情報交換できたし、これから少しずつつながっていけたらいいかな?

午後は気分転換兼ねて、まあ、いつも気分転換ばっかりですが(笑)スタバでお茶して、そのあと僕は歯医者さんへ。昔の治療の上手じゃなかったところがありまして、ちょこっと尾を引きずっているというか。。。いい先生と出会えたので、そこを総決算できたらと思ってます。

夜はいろいろなことやりながら、メッセージいただいていたTさん、Oさんに長めの返信。セルフメンテ協会もそうですが、スタートアップのいまは個別対応も結構ディープにできるんですよね。このタイミングでつながった人たちとの不思議な縁も感じます。


8月6日 Thursday
葉山で暮らすようになって毎年思うのは、夏はあっという間だということ。笑

細胞はやっぱり暖かいほうが活性化する、それを実感するのが夏。

暑くて身体が重い? いや、たぶん体温もいい感じに上がっていて、本当は気持ちもアクティブになっているはず。それを妨げてしまっているものに目を向けて、

心のブロック、体のこわばり、緊張。。。少しずつ、少しずつほどいていけたらいいよね?

時節柄、体温上がると困る? 笑。そういう話を聞いて少しびっくりしたけれど、でも、元気に活動するだけで37度くらいはカンタンに上がる。
冷えるよりもよっぽどいいのに。。。

今日は自作のワラーチを履いて、日が暮れかけた頃、いつもの海へ。。。アーシングで身体にたまった電気を解き放ち、ささやかに夏を感じました。


8月5日 Wednesday
朝、仙川から葉山へ移動。2時間かからないちょっとしたドライブだけど、妙な開放感があり。。。運転手に気遣いつつ話が弾む。

まっすぐ帰るのがもったいなかったので、環八沿いのスタバで過ごし、カーテレビでミヒャエル・エンデの「モモ」の話を観ながら帰還。100分de名著って便利だけど、時間泥棒じゃないかな〜というきょんきょんはするどい。笑

帰宅後、そのまま逗子まで出て買い物など、夕方に材料だけ買っておいたままだったワラーチをつくり、室内で試し履き。そのまま晩ごはんの準備をし、きょんきょんは20時から密教の大塚さんの講話をオンラインで聴いてました。

時間泥棒はあまりいないと思うけれど、でも、時間の経つのが早い。特に夏はあっという間な感じなので、たくさん海に行かないと!


8月4日 Tuesday
今日は仙川で迎える朝。寝室はカーテンを閉めるとずっと暗いままなので、体内時計が働かず、油断すると寝過ごすことも。。。もう慣れましたが。

午前中、きょんきょんと渋谷のアップリンクへ。常井美幸さんが監督・プロデュースした「ぼくが性別ゼロに戻るとき」。完成披露の試写でも鑑賞してましたが、部分部分がリメイクされていて、だいぶスッキリわかりやすくなったな〜。9年のドキュメンタリーは、いずれにしても労作だよね。

95歳のチェリスト・八代みゆきさんの話はとりわけ含蓄があり、深く考えさせられた。70代後半のカミングアウト、性転換。男から女へ。。。

午後は猿田彦珈琲で少し仕事したあと、松山の宮田さんとオンラインでセッション。3年ぶりにじっくりお話できたこともさることながら、僕が密やかにやってきたサンクチュアリ瞑想(と仮に呼んでおく)がこれほどストレートに伝わるとは。縁を感じます。

夜、やりとりしていたUさんの個人セッションが決定。5回の契約。メッセンジャーでのやりとりのなかで、僕のなかから出てきた言葉、「夢の3ヶ月が始まりますよ」。。。それはすでに決まっていること、決まっていることを体験していくのが人生なんだと、いま改めて感じています。


8月3日 Monday
朝、昨日のような快晴ではなかったけれど、起きてすぐに海へ。
水に浸かってアーシングして、帰る頃には陽が出てきた。やっぱり夏だな〜。

今日は満月前ということで、月1回、家の窓拭き。
一軒家の2階建てということで窓は結構ある。笑。テラス以外、二階とかは無理だけど、内側と外側、水拭きと乾拭き。。。そこそこ手間はかかるけれど、これ大事なルーティン。

昨日、金沢文庫で購入した「豆や」の豆腐をお昼にいただく。
本当は昨日の晩ごはんに買ったのですが、セミナー後の歓談が伸びてしまって、1日遅れ、でも、やはりここは絶品だなと。

午後、いろいろ書きものしたり、メッセージやりとりしたり、何かと忙しい。あっという間に夕方になり、急いで支度して車で仙川へ。
明日午前中、友人の常井さんの映画を観ることになっているので、きょんきょんの実家で前泊。近くで美味しいカレーを食べて、その後、佐古田先生にzoomインタビュー。

「リズム」をテーマに、神経内科をバックボーンに持つ佐古田先生に動作のリズムと生体リズムをいかに同期させるか。。。なんだか難しい質問をしてしまった。
前者は音楽や体育の領域、後者は医学の領域。アカデミックな分野でこの二つをつなげる発想はほとんどなく。。。つなげる視点で研究と臨床に取り組んできた佐古田先生は貴重な存在。

とはいえ、リズムと言っても無数の複合があり、根本はカオスの領域。動作のリズムもほとんどは解析できない暗黙知とつながっている。ここに人を活かしている(生かしている)作用の源があると感じるのだけど、どこまで言語化できるだろう?

いや言語化だけでなく、実際のLIFEにどこまでつなげられるか? 心地よい生き方と筋道だったロジック。。。この二つの統合の先にヒトの未来が待っていると思う。


8月2日 Sunday
昨日に引き続いて今日も快晴。
朝から何かと忙しく、いろいろやってるうちにあっという間に昼になり、
恭子さんと車で久しぶりに金沢文庫へ。
アサバアートスクエアで、コロナ自粛以来初めてのライブセミナー。

詳しい内容は自粛しますが。。。笑
本当にタイムリーすぎるくらいタイムリーで、人と人とのご縁、
導かれてやってきたこの空間で、いま必要な情報とつながった感覚。
木戸さんとのご縁も思えば不思議だし、木戸さんから井島さん、そして浅葉さん。

仲間の一人に加えていただき、ずっと秘されてきたお話を拝聴できたこと、
8月に入って、満月も間近なこの日に、なんだか有難いな。
木戸さんも言ってましたが、これからの時代のキーワードは神経系の覚醒。
自律神経をゆるめつつ、なおかつ、腹を括って集中する。

ゆるめることの大切さ。ゆるめてつながること。緊張を原動力にしないこと。
力を出すことのプロセス、原理をゼロから見直し、
もっと心地の良い生き方のモデルを体現し、発信していく。。。
その答え合わせができたような不思議な1日でした。
浅葉さん、虹の戦士としてゲートをくぐらせていただき、今日を迎えたこと、
とてもありがたく感じています。


8月1日 Saturday
ほぼ梅雨明けの快晴、海日和。。。でも、なぜか葉山ではなく都内。
前から予約していた銀座の美容院へ。
それにしても、東京に足を踏み入れたのはいつ以来かな。。
恭子さんの実家(仙川)には週イチくらいで帰っているけれど、
銀座とかは1〜2ヶ月に一回。コロナ以来、葉山とは温度差を感じてしまう。

電車や車で1時間程度なのに、異空間というか、
美容師のSさんから聴くコロナ話も遠いところの話に聞こえてくる。
コロナについては、いろいろ言われているけれど、
そもそもの「密」が生み出した自然現象なんだろうなと。

であれば、ソーシャルディスタンスより密な空間に身を置くこと自体に、
たぶん根本的な原因があるんだろうね。
もちろん、そうは言っても急に生活は変えられない、
だから、強制的に変えさせられたという流れなのかなと、
数年前に東京から離れたネズミの一匹として感じています。

遠からず民族大移動みたいなことがブームのように起こるかも。
パラダイムシフトは不意にやってくる。