セルフメンテナンス日誌、始めました!

コロナ自粛の期間にしばらくブログを続けていましたが、セルフメンテナンス協会のメルマガに情報発信のベースがシフトしたこともあり(→登録はこちら)、ここではデイリーの日誌をつづっていきたいと思います。基本的に毎日更新していきますので、このページをスクロールしながらご覧になってください。


10月22日 Thursday
朝からあたらしい本の細かい体裁のことで、いろいろシミュレーションし、悶々と過ごす。笑。きょんきょんが海フラの日なので、昼ごはんつくって待ち、一緒に食べてから少し散歩。ひさしぶりにパンを買ってみた。葉山ブレッドはやはり美味。でも、パンは時々でいいかな〜。その後、コーヒー淹れて仕事続行。明日はzoom取材なので、いろいろと準備したり。晩ごはんはこれも久しぶりのピーナッツカボチャのボタージュ。きょんきょんは明日から坐禅断食。日曜まで静かに過ごそう。あまり変わらない気もするけど。


10月21日 Wednesday
今日は一日仙川。朝からきょんきょんとカフェでモーニング。僕はコーヒーのみ。納豆ごはん食べたし。お昼前にヤマダ電機でちょい買い物して、ランチは久しぶりにKICK BACK CAFE。豆らー、最強だな〜。最近、おいしいと評判のお店でもラーメンはちょっと塩辛くて、ほとんど食べなくなってますが。。。ここは完全ベジなのに、うま味凝縮。またタイイングが合ったら食べにこよう。午後はまた別のカフェでひたすらお仕事。晩ごはんつくって、食べて、車で葉山に帰還。きょんきょん、眠そうななかいつもありがとう。


10月20日 Tuesday
今日と明日は仙川Days。午前中、新しい本のタイトルなど最終決定し、営業やっていただくS社に連絡。ISBNコードも取得、ここから先はタイトルも価格も変更できず。。。もう後戻りできないところにきた。笑。で、昼前に車で葉山を出発し、きょんきょんとおしゃべりしながら仙川へ。ミーティングになったり、セッションぽくなったり、本当にいい時間。おにぎりほおばって、毎度ながらたのしい。

午後は例によってカフェでお仕事。原稿の見直し、資料読みながら行きつ戻りつ。。。行数変更したほうがいいかなとふっと気づき、この段階でと呆然とする。細かに調整したところ全部ずれるし。渡部さん、いやがるかな〜とか。
とはいえ、きょんきょんも同意見だったので、行数増やしたバージョンを2パターンほどつくってもらうことに。創造はいろいろな意味で孤独。さみしいという孤独ではなく、自己決定にまつわる孤独感。悪いものじゃないけれども、ふわーっと宇宙の中心に降り立つような。。。何度繰り返してきただろう。このさみしさと向き合うことで新しい宇宙が生み出される。しかもだ、いまの仕事はすべての行程で「力のある誰か」が介在しない、ルサンチマンのない世界。ここまできた。ここまでやれるところにきた。最高のものを生み出したいと、それが僕のワンネスだとまたあらためて思う。


10月19日 Monday
昨日の晴れ間から一転して、朝から雨。ちょい肌寒く、身体が冬に向けてギシギシと調整をはじめているのが感じられる。朝のオートミールと果物をいただいた後、カフェできょんきょんとコーヒー飲みながらお仕事。本のタイトル、価格、キャッチコピー。。。いろいろ取り決めたくさん。とりあえずほぼ決定かな。お昼頃に店を出て、ちょい買い物して、午後はずっとうちで仕事続行。夕方、キャンセル待ちがOKになって、週末、きょんきょんが急きょ坐禅断食に参加することが決まる。で、いろいろ予定を組み換えて、今夜、zoomの勉強会入れたいのだとか。山ちゃんのネイティブのお話。反対する理由もなく、いそいで晩ごはんを支度し、いま目の前できょんきょんが勉強中。笑。僕もおこぼれみたいに話を聞いている。


10月18日 Sunday
久しぶりのSunny day。きょんきょんは朝からカヌーの大会出場のため、一色海岸へ。僕はおうちでコツコツと資料を読み込み、原稿に目を通し。。。その間、いくつかの野暮用もこなし。。。3時近くにきょんきょんから終わったと電話あり。初心者クラス6チーム中5位だったそうだ。なんとも微妙な結末。でも、練習を含めてなんとなく楽しんでいたみたいなので、ノープロブレム。で、窓から差し込める夕陽がきれいだったので、夕方に一緒に海へ。今日も良い一日でした。


10月17日 Saturday
朝からしとしと雨、しかもなんだか寒い。午前中からずっとお仕事し、お昼はほぼ断食。で、3時過ぎくらいに雨のなかきょんきょんの運転で逗子図書館へ向かう。稲作のルーツとかマニアックなリサーチをして、関連書を借りて、スタバで読書。富岡夫妻がなかよくコーヒー飲んでいたので、ほんの少し談笑。そのあとは日が暮れるまでひたすら読書し。。。葉山ステーションで少し買い物して、晩ごはん。夜も読書を続行したけれど、途中で眠くなる。やはり夜は頭が働かないな〜。


10月16日 Friday
今日はきょんきょんの野暮用で久しぶりに湘南Tサイトに行くことになり、朝からあわただしく支度して出発。スタバの隅に陣どって、資料の整理など。。。昼前にレンタルスペースに移動し、zoomで上野川先生にインタビュー。腸内細菌研究、食品免疫学の最前線についていろいろと学ばせていただく。科学者、研究者との対話は、知識面で手強いところもあるけれど、本当におもしろい。ニッチな研究を苦労して続け、世界像を積み上げてくれている方へのリスペクト、本当に忘れないようにしたいな。

お昼はほぼ断食で、そのまま午後もスタバでお仕事のはずが、なんと電源忘れてしまい。。。きょんきょんがテラスモールに行きたいと言い出したので、強制終了し、モール内でしばし読書。少し買い物して帰宅し、ごはんつくって食べて、夜は腸活の個人セッション。5回続いた僕のお話し、Uさんの今後に少しでもつながったらうれしい。夜遅くなってしまったので、終了後、早々に床につきました。


10月15日 Thursday
朝からしとしとと雨。今日はずっと天気が悪いみたい。きょんきょんは友達とランチしに金沢文庫へ。僕はいくつかの仕事を並行して、しずかに机に向かう。午後、めずらしくコーヒーをつくってみた。夜はきょんきょんのおみやげ、豆吉の豆腐を堪能する。明日は取材とセッション、どちらもオンラインだけれどね。しっかり準備しよう。


10月14日 Wednesday
午前中はちょっと野暮用で外出するきょんきょんに車に乗せてもらい、スタバでコーヒー飲みながらお仕事。きょんきょんと合流し、昼過ぎに帰宅。そーめんチャンプルーを即興でつくっている最中に、なんと光岡先生からお電話。フードジャーニーをお読みいただいた感想をわざわざご連絡いただき、恐縮しつつも感激。俄然やる気が湧いてきました。笑。

ごはん食べて、仕事つづけて、夕方にセッションひとつ。発酵の話をパワーポイントにまとめて、その全容を丁寧にお伝えする。あっという間の2時間、満足していただけたみたい。来月の第2回も楽しみ。晩ごはんはきょんきょんのセッションとぶつかるので、ひとりで発芽発酵玄米ごはんいただいて、あとは黙々とメルマガを。ちょい手こずったけれど、なんとかなっていまに至ります。おやすみなさい。


10月13日 Tuesday
今日は午前中、恵比寿へ。用事を済ませて、丹野さんとちょこっと話して、白いカレーうどんを食べて、午後は仙川のカフェでしずかにお仕事。最近、お仕事、お仕事。。。まあ、何をもって仕事というのか。笑。僕も恭子さんも世間から見たら出来損ないなので、よく楽しく生きていられるなあと思う。

でも、これからセッションは大事だね。僕の見えている世界を伝えていく、共有していく、そして何よりもその人が実際に変化、変容していくという点で。本の大事だけれど、本だけで完結していた時代は終わったのかな。そこだけで仕事をしている人は、きっといまが見えていないのだろう。さて、これからきょんきょんの忘れ物を取りにいって、あとは車で葉山へ。


10月12日 Monday
午前中、いろいろ用事を済ませ、車で仙川へ。途中で用があって東逗子に寄ったけれど、相変わらず何もないな〜。笑。馬鹿にしちゃいけないけど、駅前にカフェもないし。。。車中でおにぎり食べて(手作り)、仙川ではカフェでずっとお仕事。晩ごはんつくって、きょんきょんのママと3人で食べて、一日がつつがなく終わりました。。。つつがなかったかな?笑。


10月11日 Sunday
台風明けの一日、台風と言ってもほとんど雨ばかりだったので、台風一過の澄んだ空気は感じられず。。。でも、着実に季節は移ろっているのが感じられる。10時からzoomの相談会、ひとりひとり学ぼうという姿勢が感じられやりがいを感じるな〜。食材やサプリの注文、質問などもずいぶん届いた。

お昼をいただいたあと、久しぶりに海までゆっくり散歩。そのあとカフェテーロでコーヒー飲みながらメルマガを書き、途中からきょんきょんが来たのでいろいろと深い話をする。メルマガ、夕方までに終わらず。。。晩ごはんのあとこれも久しぶりに大河ドラマを観たら、意外に面白かった。ただ光秀を理想主義者として描くのかな? 四国説とかは触れられないんだろうな。夜中にメルマガを完了し、本を読んで就寝。


10月10日 Saturday
台風が急にUターン、朝から相変わらず雨ですが風はまったくナシ。天気予報も外れたし、なんかこんなあからさまなコース変更、自然からのメッセージを感じてしまう。ともあれ新しい本の原稿チェック、資料の整理。。。いろいろとエネルギー使う。いろんなことを思う。お昼を食べて、きょんきょんとおしゃべりしながらさらに続けて、夕方に買い物、スタバでお茶。。。雨なのに結構混んでる。帰ってきて土鍋ごはん。20時過ぎてしまったけれど、まあよしとしましょう。明日はセルフメンテ協会のzoom相談会。午後には雨がやんでいそう。ゆっくり散歩したいな。


10月9日 Friday
今日も朝から雨。。。明日の収穫祭どうなるかなときょんきょんと話していたら、中止のメッセージが。仕方ないけれど、残念だな〜。参加するつもりで土曜のファスティングを一日繰り上げてスタートさせましたが、それはそれで構わないか。午前中、こまごまと仕事して、午後はカフェで原稿チェック。夕方、歯医者さんに行って、ファスティングもあっという間に終わり。。。おいしく晩ごはんをいただきました。


10月8日 Thursday
今日は朝から雨。。。ちょい寒い。出版が決まったフードジャーニーの原稿をプリントアウトしたら、紙があっという間に減ってしまった。笑。いろんな方に読んでいただきたく連絡入れてますが、反応はさまざま。でも、決めたことをただひとつひとつやっていく。

お昼にさつまいもを少しかじって、きょんきょんはセッションして、終わったあたりで雨の中、車に乗って郵便局、それからカフェでお茶と読書。たましいの話など。帰って野菜ばっかりの夕食をいただき、いろいろ連絡していたらもう1日が終わりそう。明日も雨みたいだね。


10月7日 Wednesday
朝から鎌倉へ。車を停めて、市場で鎌倉野菜、パラダイスアレイで少しパンを購入。そのあと図書館で取り置きしておいた本をゲット、マニアックな本が並ぶ書棚をしばし眺め、何冊か借りて。。。ランチは何年かぶりに麻婆豆腐のお店でいただく。店名忘れてしまったけれど、開店前から結構並んでいて、一瞬引いたけれど入ってよかった。笑。そのあとスタバで夕方までお仕事。夜にきょんきょんの勉強会があるので、そそくさと帰宅し、そのあとも音楽聴きながらパソコンに向かう。雨で洗濯物が濡れてしまった。台風が近づいているみたいだけど、10日の収穫祭は大丈夫かな。。


10月6日 Tuesday
朝イチで車に乗って、モーニング的にちょっとお茶した後、久しぶりに深大寺に。きょんきょんのペットが眠っている霊園で手を合わせ、そのあといつものお蕎麦屋で十割田舎そばを食す。塩だけでも十分に深い味わい。天ぷらも不要。帰りに有平糖の落花生を購入。なんだかなつかしいな〜。

午後はまたカフェでしずかにお仕事。いろいろと見えない小さな一歩を踏んでいる。お世話になった先生方に何名か連絡を入れたり、コロナ以来閉じていた扉が少しずつ開かれているのが感じられるなあ。明日はこれまた久しぶりの鎌倉。何が起きるか楽しみです。


10月5日 Monday
午前中、きょんきょんがなぜかだるそうだったので、ソファに一緒に座って、きょんきょんがいちばん大事にしているものは何?と聞く。何のために瞑想しているの? なぜ祈っているの? そういうことを二人でしばらくやりとりして、そのあと少し仕事して、おにぎりつくって、お昼前に車で仙川へ。

午後はカフェでお仕事。いよいよ新しいステージに。。。と思いつつ、気持ちが本当に腹の底に沈んでいくのを、ゆっくりゆっくり待つ。手を動かしながら、しずかに待つ。この時間がいちばん大事なのに、じっとしていられない人が多いよね。ひとしきりあれこれやったあと、戻って晩ごはんつくって、YouTubeで玉置浩二の曲を聴いて、あたらしい本のリリースのコピーを考えて、1日が終わりました。


10月4日 Sunday
きょんきょんが早朝から藤田一照さんの坐禅会に参加するため、いつもよりちょい早くルーティンが始まる。一照さんのところまで徒歩30分弱。近所のようで近所ではないけれど、でも、ちょうどいい散歩コースになるみたい。昼にきょんきょんが帰ってきて、一緒にうどんを食べて、僕は静かに仕事。。夕方にカフェテーロでコーヒー飲んでいたら、カヌーの練習が終わったきょんきょんから呼び出しが。急いで帰るよと言いながらゆっくり帰り、晩ごはんは久しぶりの土鍋炊き。美味しくいただきました。豆吉の豆腐もこれが最後。


10月3日 Saturday
朝からファスティング。オートミール少し食べて、ぼちぼち仕事して、お昼前にきょんきょんと車で外出。途中で別れて、銀座へ。。。Mac買って以来かな〜。まあ新橋寄りなんですが。。で、少しお茶して、ホント久しぶりに美容院でカットしていただき、帰りは新しくできたストリートをテクテク歩いて新橋から帰還。断食明けのご飯、豆吉の豆腐がやっぱりおいしかった〜。


10月2日 Friday
今日は満月ということで、午前中に恒例の窓拭き。そのあとずっと仕事して、夕方からファスティング開始にしたので、お昼はちょいしっかり食べました。夕方近くになり、きょんきょんは金沢文庫の浅葉さんのところのセミナーへ。僕はカフェテーロで少しお茶して、夜は断食しながら個人セッションひとつ。丁寧にやっているので時間かかってしまいますが、プログラム的にはあと1回。コツコツ準備して、やっていることのすべてが、未来の布石になっているのを感じます。


10月1日 Thursday
今日は朝からスタバでコーヒー飲みながらお仕事。いろいろ佳境に入ってきて、ちょっと緊張するな〜。で、昼過ぎに恭子さんと合流して、逗子でちょこっと買い物。今日から10月か〜。以下は、セルフメンテ協会の皆さんにメッセージしたお話し。ミームって、まあ、たましいのことなのだと思いますよね。
↓  ↓  ↓

先日の相談会でお話しした遺伝要因と環境要因、ふわっとイメージはできたでしょうか?
遺伝というとサイエンスのにおいがすごくしますが、僕は精神のリレーを含めて「未来に遺すもの」だと感じています。
実際、DNA的な遺伝情報以外にヒトは文化とか伝統とか、目に見えないものを生み出し、遺していきますよね?

ミームと呼んでいる人もいますが。。。それは決して大袈裟なものではなく、外側の評価とも関わりなく、その人が「この世界に遺していきたい大事なもの」。

皆さん一人一人、どんなものが思い浮かびますか?

僕たちの身体って、老いていつかは無くなってしまう儚いものですが、そうしたものを遺そうという内なる本能を、無償で、全力で支えてくれているんですね。
それが実感できるようになってくると、身体に対して感謝の気持ちが湧いてくるし、やっぱり大事にしよう、いたわってあげようという気になります。

僕にとって、ここがセルフメンテナンスの原点で、サンクチュアリにつながった世界であったりします。にわかに言葉にできないかもしれませんが。。。本能や直感は必ず感じているはずなので、時々問いかけてあげるといいかもしれません。


9月30日 Wednesday
午前中ちょこっと仕事して、昼に役場に野暮用があったので散歩がてら外出、そのまま近くにある噂に聞いていたパン屋さんへ。ちょうどランチ前、イートインもできる感じでしたが、おばさんたちでびっしり。笑。ちょこっと買って帰ろうと思ってましたが、ランチしていくことに。なんだか結構な金額でしたが。。。想像以上に美味でびっくり。結果オーライでした。笑。

午後はずっと家にこもってお仕事、夜、きょんきょんがセッション勉強会ということもあって、断食っぽくすごして、黙々とパソコンに向かってました。


9月29日 Tuesday
午前にきょんきょんと恵比寿にお出かけ。いつもの用事を済ませて、丹野さんともちょこっと会い、ランチした後、僕は仙川に戻ってカフェでお仕事。いくつかいろいろ並行させながら、すべてがじわじわ進んでいる。カオスと生成の世界だね。仙川にいるとごはんの量がどうしても増えるので、葉山に戻ったらちょい調整しよう。夜遅くに帰還。思わぬことが発覚したけれど、その対処は明日ということで。


9月28日 Monday
久しぶりに晴れ上がった朝、ちょい寝坊してしまったが、朝ごはん少し食べて、近所をふわっと散歩。そのあと仕事して、身支度して、おにぎりつくって、一路仙川へ。カフェで仕事して、夕方、ごはんつくって、今日もつつがなく一日が終わりました。


9月27日 Sunday
午前中、月イチのセルフメンテナンス協会のzoom座談会。いろいろお話しして、ゆかしいと課題も共有して。。。そのまま少し光が差し込めてきた葉山を散歩、森戸まで足を運んで、超久しぶりに「後楽」でランチ。いろいろあったけれど、とにかく復活してよかった。そのあときょんきょんはカヌーの練習に、僕はまたカフェテーロで夕暮れまで静かにお仕事。セッションの相談いくつかあったり、縁のある人の変化をじわじわ感じるこの頃。もうひとつ高いレイヤーにアセンションする段階に来たみたい。笑。ゆかしいともしっかり話し合わないと。


9月26日 Saturday
朝から霧雨、少し肌寒く、いつの間にかすっかり秋なのかなと改めて思う。今日は月イチの方位取りの日なので、指定の方角にある某カフェ(?)できょんきょんと朝のミーティング。今後のビジョンについて語り合う。で、葉山ステーションで野菜買って、お昼にゆかしいと電話して、あとは家で静かに仕事。音楽聴いたり、ビデオ見たり、本当にいい時間。そういえば、これまた週イチのプチファスティングということで、日中はずっと生姜紅茶をちびちび飲んでました。晩ごはんも精進系の献立。いい感じに一日が過ごせました。


9月25日 Friday
いろいろと決めたいことがありつつ、でも、無理に決めない。そんなふわっとしたところにとどまって、自分の気持ちを信じてみる。今日はそんなふうにして、結果としてひとつひとつ決まっていく。。。はたから見たら何のこっちゃだけど、そういうことが心の奥で動いてた日だったなあ。Gさんの「なぞのなぞりの旅」という曲があって、そのさびがすごくいいんだけれど。。。

ひどい汗をかいたままで僕は ぼんやりしてる だけど頭のなかではしゃべってる
ほんと君なんかよりも ずっとしゃべっている
ぬるい真昼の静けさなんて こんなふうにできている

午後に久しぶりにカフェテーロに行って、夕方は歯医者。晩ごはんゆっくり食べて、しあわせなうちにまた夜がやってきた。明日はちょっと早く起きよう。


9月24日 Thursday
台風はやはり遠くに逸れたようで、朝から雨もなく。。。昼過ぎに光が差し込めたりしたので、郵便局に行きがてら、きょんきょんと散歩に出たら急に風が! で、そそくさと退散し、車でスタバへ。笑。なぜか混んでいるスタバ。。。皆さん、台風は心配ないの? ないか。。。笑。暗くなるまで仕事したり、きょんきょんと話し合ったり、で、買い物して帰宅。ひさしぶりに土鍋でごはん炊きました。アスパラ、うまいな〜。


9月23日 Wednesday
仙川で一日すごす。。。きょんきょんは両国に鍼に行ったため、某カフェで夕方までコツコツお仕事。晩ごはんをきょんママと食べて、夜に葉山に帰還。台風が近づいているらしいですが、今回はなんとなく大丈夫そうな気が。葉山では、昼には雨もやんでいるだろうと思っています。


9月22日 Tuesday
午前中、一色海岸に散歩に行って、そのあとお昼前に車で仙川へ。で、午後からカフェでずっとお仕事。今日は秋分。連休の最終日ということもあって、道路もお店も結構混んでいたなあ。


9月21日 Monday
今日はきょんきょんが茅ヶ崎でワークショップとのことで、車に便乗して湘南Tサイトへ。連休中ということもあって、結構混んでる。。。スタバで原稿をチェックして、そのまま昼が過ぎ、電源なくなったのでラウンジに移動して、そのあと次の本の表紙イメージを整えるべく、あちこちめぐって。。。思ったような成果がなかったけれど、でも、家に帰ってから不意にイメージが湧く。そういうものだなと思いつつ、なにげに楽しい1日だったなあ。


9月20日 Sunday
朝から森戸まで歩き、「みかん」さんで久しぶりの朝カフェ。断食明け以来、久々のコーヒー解禁。笑。で、ずっと消息不明?だった「後楽」のおばさんともバッタリ遭遇し、きょんきょんは驚喜。てくてく歩いて、図書館に寄って帰り、午後はゆっくり仕事しました。


9月19日 Saturday
午前中、週イチのプチファスティングをしながら、これから刊行する本の原稿を読み返し、赤字を入れ。。。これからのことに想いを馳せる。きょんきょんとワンネスをテーマにzoom収録。夕方、例によって海まで散歩し、雲を見ながら語り合う。夜は杉浦さんのzoomエクササイズに参加。アスパラガスも届いたし、アーシングのキッドも新たに届いた。なんだかいろいろと動き出している。


9月18日 Friday
午前中はメールの返事をしたり、いろいろやってるうちにすぎゆき、きょんきょんはランチしに行ったので、一人寂しくパンをかじった後、午後はセッションの準備。ものすごく集中したせいか、夕方ちょっと疲れたので、帰ってきたきょんきょんと逗子で買い物。車中のプチミーティングでだいぶ心が癒される。

で、夜は「山ちゃん」のネイティブの講座をオンラインで聞いているきょんきょんを尻目に、腸活のセッション。3回目のレクチャーになるけれど、興味深く学んでいただけてるみたいでやりがいを感じます。2時間半たっぷり。遅くなったので早めに寝ました。


9月17日 Thursday
今日は新月。はじまりの日。ということで、朝起きたらいつものルーティンのあとに、家の窓拭き。せっせと窓拭くたびに、またこの日がやってきたな〜と思う。で、きょんきょんとスタバに出かけて、少しだけこれからのことについて話し合う。夕方、清めの塩を流しに久しぶりに海へ。水が冷たい。もう秋だな〜。夜は藤代くんの月イチzoomに参加したけれど、これがなかったらもっと早く寝ていたかな。いいお話が聞けました。


9月16日 Wednesday
久しぶりに葉山でのんびりと一日をすごす。午前中は原稿をじっくり読み返して、午後は金曜のセッションの準備。夕方ちょこっと買い物して、夜は急きょ決まったゆかしいのテキーラBAR再開のzoom会に参加。途中で眠くなってフェードアウトしましたが。。。笑。新月、秋分と節目が続くなか、次のサイクルがもうまわりはじめているのか、いろいろ新しい展開が見えてきました。

そう言えば、先日、きょんきょんの母方の実家のお墓参りして、きれいに掃除させていただいたら、ふいに「今日はおじいちゃんの誕生日!」とわかって驚いたわけですが。。。昨日は妹から僕の母方のルーツにまつわるおもしろい話を聞かされ。。。まさにご先祖様総動員で、僕たちにいろいろサジェスチョンが届いてるのを感じます。新しいミッション、かなり大がかりなものになるのかも。さらに腹を括らないとね。


9月15日 Tuesday
今日は午前中、恵比寿へ。ルーティンな用事を済ませて、断食明けなので塩そばを食して。。。あとは仙川に戻ってゆっくりお仕事。いろいろなことが動き出している。それを静かに感じている自分がいて、明晰差は増しているけれども、世の中との微妙な距離感のずれも感じる。

意識の変化ひとつで間合いが変わる。はた目には同じに見えても、もう前と同じ場所にはいない。意識だけがまだ同じと感じていて、ずれを生んでいる。夕ごはんにまたそばを食べて、ゆかしいと少し話して、車に乗って、葉山に帰還。5日ぶりに我が家に帰ってきた。


9月14日 Monday
断食明け、今日は仙川で一日ゆっくりお仕事。きょんきょんは先日の鍼をまた体験するべく、両国に向かいました。僕ももう少しやってもらおうかなと。セルフメンテな日々だな〜。


9月13日 Sunday
朝に3回坐禅して、回復食の梅流しをして、参加者の皆さんと歓談して、明けの日の食材を買って、つつながく帰還。。。と思いきや、中央道がまさかの渋滞。これはすぐに帰れないなと判断し、甲府で温泉に立ち寄り、気を取り直して帰路に着くも渋滞は解消されず。仙川に築いたのは9時直前。「半沢直樹」に間に合ってよかった〜。笑。

以下、坐禅断食の感想。セルフメンテのコミュニティでコメントしたものの一部です。

おはようございます。3日間の坐禅断食、昨日無事に終了しましたが、学ぶところの多い体験でした。

なぜ坐禅&断食なのか? 断食しながらひたすら坐禅していくわけですが、坐禅は一般的な瞑想と違って半眼で座り続けるので、活動時の交感神経と休息時の副交感神経がバランスよく活性化されるようです。

腸のぜん動は副交感神経が担っていますが、副交感神経が優位になりすぎる(リラックスしすぎる)と、メンタルはうつのほうに傾いてしまうわけで。。。 実際、うつの人は便秘の人が多いというか、腸が動いていないからメンタルが落ちるわけです。 その意味でも、交感神経と副交感神経をともに刺激するという発想は興味深く、適度なリラックスと適度な緊張のなかで20分の坐禅を計15セット体験するというのは、なかなか貴重です。日常でやろうとしてもちょっと難しいですから。。。

で、坐禅15セットが完了した断食明けに、梅を溶かした大根の煮汁をひたすら飲んでいき(梅流しといいます)、腸のデトックス(宿便の排泄)をうながすわけです。

興味のある方にはご案内しますが、それなりにハードなので軽い気持ちでの参加は禁物かなと思います。 それから、事前に食の改善(ステップ1の腸活)をしっかりされてから参加されたほうがいいですね。ごく一般の方が参加できる会ですが、いませっかく一緒に学んでいるわけですから。。。自分なりに身体を整えてから検討してください。 まあ、断食に興味があるのであれば、まずは週末のプチファスティングからですね! 


9月12日 Saturday
坐禅断食2日目。午前中、さすがにちょっとふらつく。そう、坐禅は思っている以上にエネルギーを使う。座っているだけのようで、そうでもない。一度法蔵さんのところで体験しているので、昼過ぎの合掌行含め、落ち着いてひとつひとつ丁寧に体験。夜もゆっくり眠りました。


9月11日 Friday
今日から三日間、山梨の北杜市のある庵で断食リトリート。野口法蔵さんがはじめた「坐禅断食」を体験してきます。葉山から恭子さんの車で12時過ぎに出発。朝ごはん少し食べて、日中はずっとお水のみ。で、北杜市に入ってまず地元の温泉で身体を清め。。。断食中はお風呂もゆっくり入れなくなるので、のんびり英気を養ってたら、なんと入浴中にメガネを紛失。

過去にこんなことなかったけれど、なぜか見当たらず。。。まあ、メガネなしで3日間過ごすのもいいかなとすぐにあきらめ、会場であるひのはる庵へ。今回の断食には僕たち夫婦も含め8名が参加。案の定、最初の説明を受けている最中に温泉から電話が。メガネ見つかったという連絡かなと思ったけれど、電話には出ず。。。終わったら取りに行こう。この日は2回坐禅して、就寝しました。


9月10日 Thursday
今日で9月も10日か〜。じわじわと秋の気配も感じられるような。。。明日から3日間、坐禅断食のリトリートということもあり、今日は逗子に用事で出かけたついでに、定食屋さんでランチ。しばらくコメのごはんが食べられなくなるので。。。笑。夕方、海岸をゆっくり歩き、帰宅。これからメルマガ書かないと。リトリート中なにもできないので。。。って、最近、メルマガ執筆に追われていて気がヘンになりそうだ。笑


9月9日 Wednesday
きょんきょんの実家に急に行くことになったのが前夜。で、そのまま二人で両国に向かい、鍼治療を初体験。カッピング、温熱とセットで約2時間。いやー、なかなかの凄腕というか、一通り終えた後の整い感。。。まさにメンテナンスにぴったりですね。午後はせっせと原稿、メルマガ。。。その日のうちに葉山へ帰還。


9月8日 Tuesday
古いパソコンの下取りとか、いろいろとたまっていたto doリストを一つ一つクリア。それにしても出版はどうしよう? 手を動かしながらじっくり考える。夕方、恭子さんとスターバックスへ。今日もまたつつがなく1日が終わったな〜。と思ったら、夜に思いがけないことが。。


9月7日 Monday
午前中は新しい本の出版について、あれこれ思案。ほぼほぼ刊行のハラは整ってきたのだけれど、ちょっとすっきりしないところもあり。。。午後にきょんきょんとカフェテーロでお茶したら、何気ない一言で一気に氷解した感が。何やら思わぬ方向から光が差し込めてきた。。。お店ではオーナーの方とコスタリカ談義もでき、こちらも興味津々。カフェテーロはコスタリカコーヒーオンリー、古民家とコスタリカ、不思議な融合が気に入っています。


9月6日 Sunday
午前中はセルフメンテナンス協会の月イチのzoom相談会。「消化吸収」をテーマにお話ししましたが、取り上げる内容も少しずつ共有されている感があり、やりがいを感じます。終了後、きょんきょんと夏季限定の「甘氷屋」を再訪。9月一杯で閉まるので、ことし最後の訪問になるかな。。。いやはや、舘野さんのイマジネーションと料理家としての腕前、ほんとうにすばらしい。夜は必死になって、明日配信のメルマガを書き上げました。笑


9月5日 Saturday
こんにちは。昨日、千葉鴨川の林良樹さんの棚田に、井島さんご夫妻と稲刈りに行ってきました。

棚田オーナーに登録していながら、コロナもあり足が遠ざかってましたが。。。久しぶりに久里浜からフェリーに乗り、棚田の広がる釜沼集落に向かい、ホントささやかな感じですが稲刈りをお手伝いできました。

久々に再会した林さん、しばらくお会いしないうちに精悍さが増し、なんだかバージョンアップされてたな〜。

汗びっしょりになった後、皆さんと美味しい昼ごはんをいただき、午後は近くに移住してきた福岡達也さん・梓さんの新居を見学。こっちも新しい世界の創造がはじまってる感じで、ワクワクしました。

他にもクリスさんと再会したり、「小さな地球」という新しいプロジェクトの拠点になる古民家を見学したり、ナマケモノ倶楽部の皆さんとお茶したり。。。なんだか盛りだくさんの一日でした。

また機会をつくって、今度はセルフメンテナンス協会のメンバーと一緒に遊びに行くのもいいかな。時代の最先端はローカルにあることを再認識。ホント、あちこちで新しい時代のタネが芽吹いてました。

ご一緒できた井島健至さん、春さん、ありがとうございました。小さな旅、楽しかったですね。またゆっくりお話ししましょう〜。

Facebookより転載


9月4日 Friday
岩見沢市の斎藤さんの紹介で、東京大学の加藤裕之先生とzoomでお顔合わせ。斎藤さんとのつながりもあって「下水道」がテーマなのですが。。。これがなかなか興味深く。「身体の内側も循環、外側も循環、このふたつの循環をつなげること」について楽しくお話ができました。

夕方、歯医者さんに行って、夜はセッションを一つ。腸活ベースのラーニングの2回目なのですが、テキストの範疇をはるかに超えて2時間以上、たっぷりレクチャー。こちらも楽しい時間でした。


9月3日 Thursday
一日みっちり仕事してました。笑。午後、一服しに近所のカフェテーロへ。このパターンがわりと癒されます。


9月2日 Wednesday
今日は午後から小田原訪問。ゆかしいのバックボーンに触れることができ、美味しいものもいただき、いろいろと刺激の多い一日でした。車移動、ハードだったな〜。


9月1日 Tuesday
仙川で一日こもって資料を作成。今日もあっという間に一日が終わり、夜ごはんつくって夜半に葉山へ帰宅。小さなシンクロが小刻みに続いている毎日です。


8月31日 Monday
8月最後の一日。慌ただしく午前中を過ごし、お昼前に車で仙川へ。午後はずっと猿田彦にこもって、セルフメンテナンスがらみのお仕事、ゆかしいとやりとりしたり、あっという間にタイムアップでした。


8月30日 Sunday
今日、リトリートに来られていた会員の安西さんと葉山の海岸沿いでバッタリお会いしました。

葉山に来られていることは知ってましたが。。。ありえない場所、タイミングだったのでびっくり。 まあ、セルフメンテして身体が整ってくると、こういう妙なシンクロは結構増えてきます。それでふわっと人生が動き出したり、変化のきっかけになったり。。。 次はどなたとバッタリお会いすることになるか。。。いまから楽しみにしています。笑。

(セルフメンテナンス協会・会員向けメッセージより)


8月29日 Saturday
8月ももうすぐ終わりですが、夏はまだ少し続きそうですね。

この夏のトピックは、自作のワラーチで過ごしたこと。原価1500円。笑。
サンダルの靴底の厚さに慣れていた身としては、わずか7ミリのソールはかなり刺激的でした。ほぼ裸足の感覚に近く。。。アスファルトの上でも「歩いてる〜」という感じがしますよね。

靴のルーツを調べてみたら、縄文人もすでに履いていたらしく。。。いや、もっとずっと昔、たぶん草原で暮らしていた初期の人類は裸足でも平気だったはずですが、地球のあちこちに散らばっていくなかで寒冷地とか岩場とか、足裏を保護する必要が出てきたんでしょうね。

とはいえ、現代人のようにガッチリ足をガードしてしまうと、大地とのつながりはどうしても薄れます。

身体もロックされ、だんだんと「固めて守る」ことが普通になってしまいます。おそらくそれは意識にも反映され。。。いまはそうした拘束をほどいていく「解放のプロセス」にいるんでしょう。

昨日、恭子さんがワラーチづくりの講習を受けてきたので、今日は海辺でダブルの共演。笑。やっぱり出来栄えが全然違っているな〜。

都心だとさすがに日常履きは難しいかな? しかし、この心地よさに慣れてしまうと靴の暮らしになかなか戻りづらい。。。少なくとももう少し涼しくならないと。

しばらく夏を楽しみつつ、解放のプロセスを体感していきたいなと思っています。

★ハッピーワラーチStore


8月28日 Friday
恭子さんが不在ということもあって、おうちでじっくりパソコンワーク。で、夕方に歯医者さん。夜に「だれも知らない小さな国」を読み返したら止まらなくなって、いまさらながら感動が押し寄せてきた。サンクチュアリ創造のお手本みたいな一冊。名作だ。


8月27日 Thursday
海の近くに住んでいるのになかなか海に行けない、夏も終わるというのに。。。

そんな微妙な焦燥感?にさそわれて、夕暮れ前の一色海岸へ。

アーシングのことをセルフメンテナンスのメンバーにすすめながら、そう言えば最近は「山もいいなあ、高原も素敵だなあ」と浮気してた気がします。笑

午前中、木戸さんにすすめられたナオミ・クラインのインタビューを見ていたら、「地球も私たちにスローダウンを求めています」という言葉が胸の奥を通り抜けていきました。

スローダウンなんかしたら、とても生きていけない。仕事はどうするんだ? とか、いろいろな声が聞こえてきますが、でも、地球はそれを望んでいるんだと、わけもなく腑に落ちる自分がいて。。。

僕自身、「脱アドレナリン生活」という言葉がふっと湧いてきて、よく口にするようになりましたがニュアンスは一緒。

アドレナリンって、闘争ホルモンもしくは逃走ホルモンと呼ばれていて、人類の歴史のなかでどれだけ酷使されてきたかっていう感じなのですが。。。

日本人は修羅の世界に身を置きながら、同時に「戦わずして勝つ」世界を求めてきましたよね。

アドレナリンはノルアドレナリンとセットのようになって分泌されますが、そのあたりは適度に通りすぎて、スーッとドーパミンやセロトニン、つまり「快」の世界につながってもいいのでは?

それは生き方で言えば、恐怖を乗り越える、ということ。

何の恐怖? それは自分の細胞に内蔵された。。。38億年かけて引き継いできたもの。

スローダウン、脱アドレナリン、どちらも新しい人類の体験、それもきっと集団レベルの実験として、これから歴史に刻まれていくんだと思います。不安や恐怖を突き抜け、やわらかな、優しい生き方へ。そこだけ本気だして、真剣に向き合って、あとはゆるやかに、適当に。。。笑。

大丈夫、それでも生きていけるというコンセンサスが得られたら、きっと世界は変わるでしょう。


8月26日 Wednesday
今日は一日ゆっくりと未来のことを思い、計画を立てる時間に充てました。夕方にはゆかしいとミーティング。その後、散歩がてら井島さんの作品を見に一色ボートへ。いろいろなものが整ってきているのを感じます。


8月25日 Tuesday
きょんきょんときょんきょんのお母さんと3人で、用があって恵比寿へ。お昼に白いカレーうどんを食し、ふたたび車で仙川へ。午後は猿田彦でずっとパソコンワーク。何気ない一日でしたが、いろいろなことが動き出しているのを感じます。それにしても昨日のお墓参り、きょんきょんのおじいちゃんの誕生日だったことがわかり、かなりびっくり。呼ばれているとしか思えない!


8月24日 Monday
ホテルで目覚めた早朝、近くの森を散歩し、高原の心地よい朝を満喫。その後、清里のパン屋さんで朝ごはんを購入、パクパク食べながら今日は山梨の実家のお墓参り。父方と母方、きょんきょんと2人でこっそりまわって、その後、彼女の母方のお墓のある八王子の霊園へ。炎天下の中、せっせと草刈りをして、墓石を拭いて。。。以下、セルフメンテ協会の会員の皆さんに送ったメッセージ。今日は仙川に泊まります。

こんばんは。昨日・今日と山梨→都内を車でまわってお墓参りツアーしてきました。

前にも書きましたが、食事を見直したり、サプリメントを取り入れたり、呼吸法などを実践したり。。。そうしたやり方でも身体は整っていきますが、たとえば部屋を片づけることでも「整う」感覚ってありますよね?

祖先に手を合わせることも、整えることの一つ。

そう、歴史がなければ「いま」はないわけで。。。遺伝子レベルではそれだけの膨大な記憶が細胞に内蔵されているわけです。

特に何か新しいことを始めたり、大きなチャレンジをしたりする時、昔の人は祖先に手を合わせ、未知のポテンシャルを引き出すスイッチにしてきました。

生命誌を提唱した中村桂子先生が「地球上にいきている生き物はすべて38億年の歴史を持っている」と話されているように、僕たちの細胞にはそれだけ膨大な記憶が内蔵されています。

自分が何を新しいことをやっているつもりでも、じつは記憶が呼び起こされ、別の形で表現されている。。。つまり「歴史は繰り返されている」わけですね。

その繰り返しを通して、眠っている感覚(記憶)をいかに蘇らせるか? 今回の旅も、思いがけない気づきが多々あり、細胞活性をうながすとてもいい機会になりました。 記憶のスイッチについては、科学のレベルでもかなりわかってきている感じなので、いずれじっくりシェアしたいと思っています。


8月23日 Sunday
仙川からきょんきょんと車で小淵沢へ。一年以上ご無沙汰していた浅川さんのところを訪ね、お預けしていたパネルをいただく。まあ、なんの話かわからないかもしれないけれど。。。笑。で、その後、親が「帰ってくるな」というので山梨の実家には寄らず(笑)、八ヶ岳のホテルで宿泊。なぜここにしたかというと、星空を見たいから。

ハワイのマウイ島、それからペルー・ボリビア国境のチチカカ湖でも素晴らしい星空を見たけれど、やっぱり星は素晴らしい。それから夏の高原の心地よさ。いろいろなことを思い出し、味わえた1日でした。スマホで撮影したのは、おそらく琴座のベガ。


8月22日 Saturday
今日は午前中プチ・ファスティングして、午後から仙川の実家へ。早めの晩ごはんの後、某所にて久しぶりの稽古会参加。あまりに学ぶことが多く、静かに感動する。特に一歩踏み出す感覚は、僕にはあまりないので。。。人生そのものが映し出されているようで、いろいろと感じるものあり。


8月21日 Friday
いろいろあった末、ようやくキッチンのガスコンロの取り替え工事が完了。引越しの時、グリルが使えない状態のものが取り替えられないまま(うちがチェックしてなかったという理由で)2年以上経過。笑。ちょっとひどいなあと思って不動産屋に訴えたら、あっさりOKになり。。。

パソコン買い換えたり、歯医者に行ったり(?)、いろいろとリニューアル進んでいます。笑。夜は腸活ラーニングのセッション第1回。僕のセッション受けられる人は幸運だと思うよ。結構な金額だけれど、僕の過去のリソース全て注ぎ込むわけですから、いろいろな意味でコスパ最高です。


8月20日 Thursday
恭子さんとの予定があったので、久しぶりに電車で銀座へ。。。このシチュエーション、コロナ自粛以来、始めてかな。で、彼女は美容院へ、僕は美容院の入口まで送り届けた後(笑)、炎天下をテクテク歩いてAppleストアへ。新宿遠征でほぼ目あては決まっていたけれど、いろいろ手間取り。。。なんとかMacBook PROをゲット。

その後、恭子さんと合流して、そのまま帰るのももったいない気がして、スペインバルでちょこっと暑気払い。葉山と仙川以外でゆっくり過ごしたのはいつ以来だったかな〜。


8月19日 Wednesday
今日は午前中にスタバでちょこっとお茶して、あとは家に帰ってお仕事。。。いや、何をもって仕事というのか相変わらずわからないですが。。。笑。夕方、恭子さんがzoomの勉強会を終えたので、気分転換に逗子でお買い物。

彼女の朝の定番、豆乳ヨーグルトの原料(市販の豆乳ヨーグルトを豆乳で増やす)を買いにOKストアに行きましたが、他にビール以外、特に買うものがない。いやあ、普通に買い物してる人には悪いけれど。。。


8月18日 Tuesday
仙川2日目。午前にカフェで一仕事したあと、新宿へ遠征。ホントいつ以来だろう? AppleでMacの買い替えの相談をしたわけですが。。。空気的に感じますね、コロナの圧みたいなものを。この空気の中で過ごしていたら、ちょっとつらいかな。葉山とのギャップに少し驚く。

コロナはただの風邪。。。かはわかりませんが、でも、どうも過剰に、過剰に、物事が動く方向に進んでますね。動くというより動かされている。時代が何か強制的にチェンジさせられる。。。それが自然界の見えざる計画なのかもしれない。


8月17日 Monday
今日は葉山から仙川へ。。午後にセッション一つ、吸収力の高い方だったのでかなり伝わった感触。何気にずっと秘められていたサンクチュアリの世界が、この時節、いよいよ世に出ようとしているのを感じますね。

夜は何かとご縁のある杉浦さんのzoomにちょい参加。ちょっと無縁のイメージだった彼女もzoom進出なのか〜と、これも時代の変化を感じました。笑


8月16日 Sunday
zoomのお話会を終え、せっせとメルマガを書き。。。笑。一息ついたところで、テクテクと散歩がてら、御用邸近くの「甘氷屋」にお邪魔してきました。

築80年の古民家を利用したengawa cafeで、夏の土日だけ開業している「かき氷屋」さんなのですが。。。噂に違わずというか、次元を超えたかき氷が堪能できました。ここまでつくれたらすごいな〜というものを、つくっておられる感じ。ロケーションもよく、ホント感動しました。

ひと夏の思い出かな〜と思っていたら、9月末まで営業とのことなので、あと1〜2回は行けたりして。その時は噂のいなり寿司、干瓢巻きもいただこう。。。舘野真知子さん、網野 香奈江さん、ありがとうございました!

★かき氷 engawa kanpyoya
https://www.facebook.com/engawakanpyoya/


8月15日 Saturday
本日は午前と午後にセッション。会員の方を対象にしたものだけど、コミュニケーションの場にもなり、今後の糧にもなり、じわじわ力がついていく感じがありますね。先を見据えながら、じっくりとこのペースを続けていこう。


以下、FBより転載。

今日はお盆ですね。
うちは来週にお墓参りツアーを企画していますが。。。祖先とのつながりということでふっと思い出すのは、ハンカチーフ・ブックスの「TISSUE vol.4」で生物学者の高木由臣さんを取材した時のこと。

高木さんはゾウリムシの研究を通して生物の寿命の起源を探ってこられた方ですが。。。僕が興味深く感じたのは「ジャーム」と「ソーマ」という概念。
簡単に言うと、有性生殖をする細胞がジャーム(Germ)で、そのほかの体細胞がソーマ(Soma)。ジャームが父母から受け継いできた遺伝情報を、一代限りのソーマが支えているのが、大型化した生き物のいのちの仕組み。有限の世界に生きる僕たちの背後には、つねにジャームの世界が広がっている。

祖先のたましいはジャームの領域。文系目線で言えば、ジャームの無限の継承のなかで歴史や文化が生まれ。。。何よりも大事なのは、それが一つ一つの細胞に情報として組み込まれているということ。

僕たちは決して一人ではないし、厳密な意味で「個体」は存在しない。それは体内に共生する菌やウイルスたちの存在からも明らかですが、ここに時間軸のなかで積み重なってきたたくさんの人たち、あらゆる生き物の「記憶」が加わります。

僕たちはやがて死にますが、そこで終わりではなく確実に続いていくものがある。。「いま」の自分を支えてくれる身体に感謝しつつ、目に見えない細胞レベルの記憶を意識する。それが大事な時間、祖先を敬い、感謝することの意味だと思います。

以下、高木さんへのインタビューより。
↓  ↓  ↓
——精子と卵子が受精して、分裂していく過程で細胞がジャームとソーマに分かれ、そのうちのソーマ(体細胞)が老死に向かうと。一般にはそれを死と呼ぶということですね?

高木 ええ。それに対して、ジャームは有性生殖によって新たに受精卵をつくることで抑制を解除し、細胞分裂を再開するわけです。

——そこでまたジャームとソーマの分化が起こり、受精によってジャームのほうの遺伝情報が次代に継承されていく……。

高木 その意味では、ジャームを「残る細胞」、ソーマを「捨てられる細胞」とも言い換えられます。

——大型化した生き物は、ジャームを活かすためにソーマが存在している? なにやら肉体と精神の関わりとも重なりますが……。

高木 ソーマは、ひたすらジャームを活かすために存在していると考えたらいいでしょう。一生懸命ジャームをサポートしているんです。


8月14日 Friday
夏はあっという間なので、今日も夕方に一色海岸へ。。。
先日のzoomお話し会で、「アドレナリンを出さない生き方」という言葉をふっと口にしたんですが。。。頑張ってはダメということではもちろんなくて、気持ちを駆り立て、無理に奮い立たせなくても、多分、この世界はちゃんとまわっていくという。。。

いや、ちゃんとまわって、自分の思いもカタチになって、しかも、負のエネルギーも発散されない。。。ヒトはそういうふうに生きていけると感じます。

逆に言えば、無理やり頑張ってきたエネルギーが、地球の環境にどんな影響を与えてきたか? コロナウイルスによって「密」(過密な環境)から引き離されることで、環境問題の本質がじつはストレスにあったと感じた人も少なくないのでは?

そうしないと生きていけない? でも、身体は嫌がっている。。。身体は自然の一部だから、自然もそれは望んでいない。でも、そうは言っても。。。そんな声も聞こえてきたりする。

どうしたら実際に変わっていけるだろう? 理想と現実を寄り添わせ、バランスを回復させられるだろう? ふっと振り返ってみると、8月に入って以降、あちこちでこんな話ばかりしている気がしています。笑。


8月13日 Thursday
葉山に戻ってきて、午前中仕事して、午後は炎天下のなか、何を思ったのか海沿いをテクテク歩いて、一色から堀内まで散歩。スタバでお茶して、旭屋に寄って、久しぶりに葉山図書館へ。少しずつ脱コロナの空気もありつつ。。。でもねえ。笑


8月12日 Wednesday
恭子さんのママが先日、53年に及ぶ教員生活&リトミック指導に終止符を打ったということで、午前中に3人で仙骨の調整をしてもらったあと、仙川のキックバック・カフェでお祝いのランチ。ここのごはんは手が込んでいて、ホント安定した味わい。ママは麺をいただいたあとパフェも。笑。長い間、お疲れ様でした。


8月11日  Tuesday
今日は仙川へ。午後に着き、いつものようにカフェでお茶して、zoomでミーティング一つ、つつがなく終わった一日でした。


8月10日 Monday
今日はシークレットの講座。先日に続いて2回目(これが最後?)ということで、金沢文庫のアサバアートスクエアへ。。。

ここに集まった人たちとの不思議なつながり。久しぶりの再会もあり、歓談も含めて夜10までたっぷりかかりましたが、得るもの多かったな。木戸さんの世界との重なり合いもだいぶ見えてきて、井島夫妻とのご縁も含め、これからまた楽しみになってきました。


8月9日 Sunday
今日は月イチのzoom相談会。セルフメンテナンス協会の会員の皆さんとコミュニケーションできる貴重な機会でもあり、ゆかしいとしっかり準備して臨みました。そのせいもあってかなり盛りだくさんでしたが。。。笑

少しずつ軌道に乗りはじめてますが、言い換えれば、次のステップの準備が必要ということですね。はい、じわじわと形になってきている気がします。これから大事なのは正直さや率直さ、その根底にある覚悟や情熱なんだろうなと改めて感じます。


8月8日 Saturday
昨夜から毎週恒例のファスティング。まったく食べないわけではないですが。。。朝も昼もお腹の負担にならないものをちょこちょこっと。

こちらはお昼ですね。15時からは月イチのスピリチュアルお話会。きょんきょんの発案でスタートして、今回が3回目。しかしまあ、サンクチュアリの話をすることになるとは。。。時代はどんどんと変わってますね。


8月7日 Friday
今日は久しぶりに骨ストレッチの松村先生とzoomでミーティング。zoomでやりとりする日が来るなんて。。。これまでは東京駅で待ち合わせだったのにとお互い笑いました。いろいろ情報交換できたし、これから少しずつつながっていけたらいいかな?

午後は気分転換兼ねて、まあ、いつも気分転換ばっかりですが(笑)スタバでお茶して、そのあと僕は歯医者さんへ。昔の治療の上手じゃなかったところがありまして、ちょこっと尾を引きずっているというか。。。いい先生と出会えたので、そこを総決算できたらと思ってます。

夜はいろいろなことやりながら、メッセージいただいていたTさん、Oさんに長めの返信。セルフメンテ協会もそうですが、スタートアップのいまは個別対応も結構ディープにできるんですよね。このタイミングでつながった人たちとの不思議な縁も感じます。


8月6日 Thursday
葉山で暮らすようになって毎年思うのは、夏はあっという間だということ。笑

細胞はやっぱり暖かいほうが活性化する、それを実感するのが夏。

暑くて身体が重い? いや、たぶん体温もいい感じに上がっていて、本当は気持ちもアクティブになっているはず。それを妨げてしまっているものに目を向けて、

心のブロック、体のこわばり、緊張。。。少しずつ、少しずつほどいていけたらいいよね?

時節柄、体温上がると困る? 笑。そういう話を聞いて少しびっくりしたけれど、でも、元気に活動するだけで37度くらいはカンタンに上がる。
冷えるよりもよっぽどいいのに。。。

今日は自作のワラーチを履いて、日が暮れかけた頃、いつもの海へ。。。アーシングで身体にたまった電気を解き放ち、ささやかに夏を感じました。


8月5日 Wednesday
朝、仙川から葉山へ移動。2時間かからないちょっとしたドライブだけど、妙な開放感があり。。。運転手に気遣いつつ話が弾む。

まっすぐ帰るのがもったいなかったので、環八沿いのスタバで過ごし、カーテレビでミヒャエル・エンデの「モモ」の話を観ながら帰還。100分de名著って便利だけど、時間泥棒じゃないかな〜というきょんきょんはするどい。笑

帰宅後、そのまま逗子まで出て買い物など、夕方に材料だけ買っておいたままだったワラーチをつくり、室内で試し履き。そのまま晩ごはんの準備をし、きょんきょんは20時から密教の大塚さんの講話をオンラインで聴いてました。

時間泥棒はあまりいないと思うけれど、でも、時間の経つのが早い。特に夏はあっという間な感じなので、たくさん海に行かないと!


8月4日 Tuesday
今日は仙川で迎える朝。寝室はカーテンを閉めるとずっと暗いままなので、体内時計が働かず、油断すると寝過ごすことも。。。もう慣れましたが。

午前中、きょんきょんと渋谷のアップリンクへ。常井美幸さんが監督・プロデュースした「ぼくが性別ゼロに戻るとき」。完成披露の試写でも鑑賞してましたが、部分部分がリメイクされていて、だいぶスッキリわかりやすくなったな〜。9年のドキュメンタリーは、いずれにしても労作だよね。

95歳のチェリスト・八代みゆきさんの話はとりわけ含蓄があり、深く考えさせられた。70代後半のカミングアウト、性転換。男から女へ。。。

午後は猿田彦珈琲で少し仕事したあと、松山の宮田さんとオンラインでセッション。3年ぶりにじっくりお話できたこともさることながら、僕が密やかにやってきたサンクチュアリ瞑想(と仮に呼んでおく)がこれほどストレートに伝わるとは。縁を感じます。

夜、やりとりしていたUさんの個人セッションが決定。5回の契約。メッセンジャーでのやりとりのなかで、僕のなかから出てきた言葉、「夢の3ヶ月が始まりますよ」。。。それはすでに決まっていること、決まっていることを体験していくのが人生なんだと、いま改めて感じています。


8月3日 Monday
朝、昨日のような快晴ではなかったけれど、起きてすぐに海へ。
水に浸かってアーシングして、帰る頃には陽が出てきた。やっぱり夏だな〜。

今日は満月前ということで、月1回、家の窓拭き。
一軒家の2階建てということで窓は結構ある。笑。テラス以外、二階とかは無理だけど、内側と外側、水拭きと乾拭き。。。そこそこ手間はかかるけれど、これ大事なルーティン。

昨日、金沢文庫で購入した「豆や」の豆腐をお昼にいただく。
本当は昨日の晩ごはんに買ったのですが、セミナー後の歓談が伸びてしまって、1日遅れ、でも、やはりここは絶品だなと。

午後、いろいろ書きものしたり、メッセージやりとりしたり、何かと忙しい。あっという間に夕方になり、急いで支度して車で仙川へ。
明日午前中、友人の常井さんの映画を観ることになっているので、きょんきょんの実家で前泊。近くで美味しいカレーを食べて、その後、佐古田先生にzoomインタビュー。

「リズム」をテーマに、神経内科をバックボーンに持つ佐古田先生に動作のリズムと生体リズムをいかに同期させるか。。。なんだか難しい質問をしてしまった。
前者は音楽や体育の領域、後者は医学の領域。アカデミックな分野でこの二つをつなげる発想はほとんどなく。。。つなげる視点で研究と臨床に取り組んできた佐古田先生は貴重な存在。

とはいえ、リズムと言っても無数の複合があり、根本はカオスの領域。動作のリズムもほとんどは解析できない暗黙知とつながっている。ここに人を活かしている(生かしている)作用の源があると感じるのだけど、どこまで言語化できるだろう?

いや言語化だけでなく、実際のLIFEにどこまでつなげられるか? 心地よい生き方と筋道だったロジック。。。この二つの統合の先にヒトの未来が待っていると思う。


8月2日 Sunday
昨日に引き続いて今日も快晴。
朝から何かと忙しく、いろいろやってるうちにあっという間に昼になり、
恭子さんと車で久しぶりに金沢文庫へ。
アサバアートスクエアで、コロナ自粛以来初めてのライブセミナー。

詳しい内容は自粛しますが。。。笑
本当にタイムリーすぎるくらいタイムリーで、人と人とのご縁、
導かれてやってきたこの空間で、いま必要な情報とつながった感覚。
木戸さんとのご縁も思えば不思議だし、木戸さんから井島さん、そして浅葉さん。

仲間の一人に加えていただき、ずっと秘されてきたお話を拝聴できたこと、
8月に入って、満月も間近なこの日に、なんだか有難いな。
木戸さんも言ってましたが、これからの時代のキーワードは神経系の覚醒。
自律神経をゆるめつつ、なおかつ、腹を括って集中する。

ゆるめることの大切さ。ゆるめてつながること。緊張を原動力にしないこと。
力を出すことのプロセス、原理をゼロから見直し、
もっと心地の良い生き方のモデルを体現し、発信していく。。。
その答え合わせができたような不思議な1日でした。
浅葉さん、虹の戦士としてゲートをくぐらせていただき、今日を迎えたこと、
とてもありがたく感じています。


8月1日 Saturday
ほぼ梅雨明けの快晴、海日和。。。でも、なぜか葉山ではなく都内。
前から予約していた銀座の美容院へ。
それにしても、東京に足を踏み入れたのはいつ以来かな。。
恭子さんの実家(仙川)には週イチくらいで帰っているけれど、
銀座とかは1〜2ヶ月に一回。コロナ以来、葉山とは温度差を感じてしまう。

電車や車で1時間程度なのに、異空間というか、
美容師のSさんから聴くコロナ話も遠いところの話に聞こえてくる。
コロナについては、いろいろ言われているけれど、
そもそもの「密」が生み出した自然現象なんだろうなと。

であれば、ソーシャルディスタンスより密な空間に身を置くこと自体に、
たぶん根本的な原因があるんだろうね。
もちろん、そうは言っても急に生活は変えられない、
だから、強制的に変えさせられたという流れなのかなと、
数年前に東京から離れたネズミの一匹として感じています。

遠からず民族大移動みたいなことがブームのように起こるかも。
パラダイムシフトは不意にやってくる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です