セルフメンテナンスが求められる時代がやってきた〜コロナウイルス問題から見えてくるもう一つの視点

いま、コロナウイルスの感染(パンデミック)が世界的に問題になってますが、皆さんのまわりはどんな状況でしょうか?

自粛の要請は公衆衛生の観点から必要だとしても、果たして休日の外出を控えるくらいで統計上の有意差が本当に出るのか? リモートワークをそこまで徹底はできない以上、いまの状況なら都内を出歩く人もそれなりにいますよね?

僕の住んでいる葉山とでは感覚的な温度差はどうしてもあるわけですが。。。それでもちょっと違和感があったりします。

そもそも、何をもって感染が発症に向かうのかというと、それはもう運の良し悪しなどではなく、やっぱり「体調」にあるわけです。

体調という言葉はざっくりしすぎているので、「免疫力」と呼んだほうがいいのかな?

この免疫力という言葉も、よく意味がわかっていないままにいろいろと一人歩きしている感がありますが、まず大事なのは、

抗体をつくることだけが免疫の働きではない。

ということ。抗体をつくるのには時間がかかりますし、ウイルスの型が違ってしまえば対応はできない。

→続きはこちら(セルフメンテナンス協会HPへ移行します)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です