「フードジャーニー」ボリビア編①〜国境を超え、チチカカ湖・太陽の島&月の島へ!

daily

佳境に入ってきた「フードジャーニー」ペルー編ですが、よくよく考えたら後半は国境越えして、ボリビアに入国することになっていました。よって、今回はボリビア編。笑

旅の目的地はチチカカ湖。ご覧のようにペルーとボリボアの国境にまたがっていて。。。

宿泊地のプーノから湖畔に沿ってまずコカパカナを目指すわけですが。。。とにかく広い!

アンデス山中のペルーとボリビアの国境にまたがるチチカカ湖は、世界中で20カ所ほどしか確認されていない古代湖のひとつ。標高3810mに位置し、汽船が航行する世界最高所の湖といわれています。約8500平方kmという琵琶湖の約12倍もの面積を持ち、そのうち60%がペルー領、40%がボリビア領になっています。

トラベルマガジン・世界の絶景より

で、途中で初めての国境越え! 人だけまず移動して、出入国の手続きをして、また戻って車に乗って移動するという。。。笑

ともあれボリビアに入国、コカパカナに到着すると、ご覧のようにお祭りの日で。。。ここからいよいよ宿泊地である「太陽の島」へ向かっていくわけですが、フェリーをチャーターし、乗船するのも一苦労。

サンセットのタイミングに乗船できて、最高のクルーズでした〜!

で、冒頭にアップしたのが、太陽の島の宿から撮った、翌朝のサンライズ。まさに思わず息を呑むような瞬間。。。

3800メートルという富士山を超える標高で、しかも新月の日に上陸、縁ある仲間とこんなにすばらしい時間を過ごせる幸運をどう表現したらいいのかな。。

恭子さんのバックに映るオレンジ色(?)の数棟の建物が、僕たちの泊まったホテル。ここもほんとうにすてきなところで。。。

そして、本日は太陽の島から月の島へフェリーで移動。ご覧のように太陽の島からすぐの距離なのですが。。。この日に限って波が荒く、まさに波濤を越えてたどり着きました。

テーマは「陰陽の統合」。

静かに時が流れ、これまで過ごした時間を振り返りつつ、いろいろな思いが交錯し。。。次に進んでいく道すじがよりはっきりと浮かび上がってきました。

明日はボリビア編のパート2、飛行機で移動しアンデスのふもと、世界最大の塩原として知られる「ウユニ塩湖」に行ってきます。

旅はまだまだ続きますので、続報をお楽しみに〜!


Follow me!