宇宙元旦(春分)に誓った一年の計。ことしはミクロからマクロへ《地場》をつなげる時。。

daily

こんにちは。昨日の春分の日は、占星術では宇宙元旦と呼ばれているそうですね。

季節の新しい区切り目、エネルギーが切り替わる時期。。。

僕たちは前日から2日間、葉山でみっちりと風水の勉強をしていました。トータル15時間もの勉強会でしたが、本当にあっという間だったな〜。

先日のマウイ島での腸内クレンジングで身体のなかの場を整え、今回は住まいの場を整え。。。ひとつひとつ心身の変容を体感しつつ、この先は住んでいる土地、日本列島、世界とミクロからマクロまでフラクタルに《地場》をつなげていけたらと思っています。

そう、つなげながら自己という名の生命場を整えていく。。。そこにあたらしい生き方、健康観、身体観、歴史、文化すべてのエッセンスが詰まっていると感じます。
もちろん、風水が重視する財運や運氣と呼ばれるものなども。。。

昨日の朝は、勉強会の合間を縫って、一色海岸の小磯の鼻までゆっくりお散歩。
すっかり春の空気がただようやわらかな地場のなかで、これから一年の計を誓いました。

今回の勉強会、ひょんなことからご縁をいただき、ほとんど直感モードで開催を決めたにもかかわらず、土橋塾で一緒だった伊藤ともこさん、マウイ島に引き続き吉本さんが参加され、本当に濃い学びが共有できました。

これからはより実践的で、本質に根ざした体験知が一人一人に求められていくと思います。
そうした学びの場をつくることもまた、これからの僕たちの役割かなと感じているところです。

こういうつながりがあたらしいライフルタイル、時代をつくっているくんだろうな〜。

富山からお越しいただいた仁乃先生、前馬さん、本当にありがとうございました。いまできることをどんどん実行していこうと思っています。

Follow me!