メディアの本質って何だろう?〜レイア高橋さんの書籍、「ラニ・パブリッシング」より間もなく刊行!

daily

おはようございます。
恭子さんプロデュースでスタートした出版レーベル「ラニ・パブリッシング」。

出版とうたいながら、出版という枠にとらわれない矛盾をたのしみつつ(笑)。。。さまざまな情報を発信するメディウム(媒体)を目指します。

メディア(media)はメディウム(medium)の複数形。
もとはと言うと、シャーマンに降りてくる「神の声」がmediaの本質だったわけで、そう考えるとずいぶん遠いところに来てしまったなと。。

僕たちの得ている情報って何? それって本当に必要なもの? そう問いかけていくと、なぜ活字メディアが衰退したと言われているのか、その意味が見えてくるかもしれません。

大事なのは、原点回帰する意識を持つこと。
もともとあったところへ回帰するには、かつて祖先がみなシャーマンだったことを思い出し、自分自身の受信能力を上げること。

身体感覚を磨くこと。感情を安定させ、思考のバグをとり、自然の声に耳をすますこと。

そのために心身のコンディションを整えること。

情報を奪っているものは、じつは僕たちが情報と呼んでいるものの中にあるわけで。。。情報から離れることで得られる情報をいかに共有し、広めていくか。野暮なようですが、そこに言葉と文字による「おせっかいで丁寧な力」が求められます。

情報を言葉にし、文字にすることなど本当はできないと知りつつ、シャーマンは思うわけです。「厚く覆われた雲間からふっと差し込める光でありたい」と。雲の向こうにあると感じていたLANI(天国)が、すぐここにあるのだとおのずと気づくように。。

前置きが長くなりましたが、ラニ・パブリッシングの最初の一冊、レイア高橋さんの「ミラクル・ヒーリング・パワー」、もう少しで紙の書籍としてお目見えです。
購入方法などお知らせしますので、もう少しお待ちください。

神の声は恐れ多いですが、紙の声もなかなかすごいと思われるよう、いろいろトライしていきます。

★公式サイト http://lani-publishing.net
*URLを変え、リニューアルしました。

 

Follow me!