「骨ストレッチ」が毎日新聞の記事になりました!

おはようございます。
「骨ストレッチ」の認定指導員である安井章泰さんが指導している高校の女子短距離チームが、毎日新聞の記事になりました。
インターハイの女子400mリレーに、滋賀県勢としては34年ぶりの出場とのことで、記者の方も注目して取材されたんでしょう。いや〜、すごいです。骨ストレッチのことも間接的に紹介されています。

(記事より)
「近江兄弟社は県出身で2001年の世界陸上男子100メートルに出場した安井監督が13年に就任してから強化が進んだ。
練習方法は独特で、最初の30分間は2人1組で体をケアし、硬くなった筋肉をほぐし、関節の動きを滑らかにする体操をする。
筋力トレーニングは基本的にせず、選手たちは「骨を使って走る」と表現する力みのない滑らかなフォームで、静かに加速する。

中学時代は筋トレを「ガンガンやっていた」という下村選手は入部当初、「筋トレなし」に抵抗があったというが、すぐに「筋肉をつけると無駄な動きが増える」と実感。3年間で100メートルのタイムを0秒6以上縮めた」
(引用おわり)

 

興味深い記事ですので、ぜひご一読ください。
ちなみに、去年『骨ストレッチ ランニング』(KKベストセラーズ)を刊行した際、安井さんをはじめ、骨ストレッチを体育の現場に取り入れている皆さんから体験談を寄せていただきました。

 

(Amazonの案内より)
・「時間をかけず、すぐに効果が確認できる。衝撃の一言でした」
和泉憲昌さん( 中距離陸上選手、防衛大学校• 陸上部監督)

・「体育の授業、陸上部の練習で、体験中! 理屈を超えた効果に生徒たちもビックリ!!」
高橋正也さん( 開成中学• 高校教諭/体育、陸上部顧問)

・「指導に取り入れ、生徒のほとんどが自己ベスト、女子のリレーは負け知らずに!」
安井章泰さん( 近江兄弟社高校教員、2001年世界陸上100m日本代表)

 

テレビなどでは手軽にできる健康法として紹介されることの多い骨ストレッチですが、スポーツや体育の現場にもじわじわ広まり、成果が出はじめています。興味のある方は書籍もぜひチェックしてください。

安井さん&陸上部の皆さんの引き続きの活躍に期待しています!

 

★『骨ストレッチ ランニング』(KKベストセラーズ)
http://amzn.asia/7WKQI1g

 

★「骨ストレッチ」の詳細はこちら
http://www.sportcare.info

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です