フード・ジャーニー、ついに脱稿!

foodjourney

こんにちは。この3〜4年ほど、コツコツ取材してまとめてきた原稿がようやく完成しました。
ご存知の方はご存知の。。。そう、「フードジャーニー」です。この1ヶ月ほどラストスパートして、ようやく「これなら大丈夫かな」というラインまでたどり着いた感じです。

細かいところはまだまだ手を加え、新たに取材したり、インタビューしたり。。。かえってすることは増えるかもしれません。笑。でも、これから僕が伝えていきたいことのベースはカタチにできた気がします。

いまの時代に必要なものは、すべてをつなげる。。。すべてを包み込んで消化し、さらには発酵させる。。。とても大きな「器」。

ミクロからマクロまで、身体の内部から外部へ。。。思えば世間知らずの大学生だった頃からいろいろな方と出会い、広い視野で学んでこられたこと、本当に感謝しています。

なんだかこの世界を深く深くたどっていったら、はてしない海原が一面に広がっていたような。。。
恭子さんはいま遠くペルーを旅していますが、その日々は僕にとっても冒険と思索の旅であり、宇宙のコアなところとつながる大事な時間になりました。

続報はまた追って。

 

 

 

Follow me!