能楽師 安田登 × 指揮者・ボイストレーナー香西克章 by 『月刊秘伝』2018年6月号

おはようございます。
香西克章先生と安田登先生の対談が掲載された『月刊秘伝』6月号が届きました。

まず目を引くのが、このタイトル!

★巻頭特別対談:
能楽師 安田登 × 指揮者・ボイストレーナー香西克章
「無為にして化す境地〜「能と西洋音楽」原初にある“祈り”の呼吸(こえ)」

 

このすご〜いタイトル(笑)にとどまらず、内容も「声」「呼吸」「能の謡」「バッハ」「グレゴリオ聖歌」「AI(人工知能)」「荘子」「イナンナの冥界下り」「アレクサンダーテクニーク」「ロルフィング」などなど。。。多岐にわたり、とても読み応えのある対談に仕上がっています。

 

(対談より)
●香西:ふつう西洋音楽での指導では「あれをしなさい、これをしなさい」なんですよ。全部「do」なんです。
それがアレクサンダーテクニークでは「しない」ことを選択する。それは正しいことが起こってくるために。安田先生に教わった言葉でいえば、「誠(まこと)が起こる」ために「何もしない」んです。

●安田:これからAIの社会がやってきて、「その時、人がどうなるか?」を考えるのは、もう個人の思考ではダメで「コレクティブ(集合的)な思考」が必要だと思っています。
それも頭で考えるのではなく、本当に困って、悩む。その悩んだ思考をみんながした時に、ポッと何かが現れてくるんじゃないかと思っています」

 

本日が発売日になりますので、香西先生の著書『いい声になって魅力も伝わる話し方の秘密』(三笠書房)と併せ、ご一読いただけると嬉しいです。

 

★「月刊 秘伝」2018年 06月号
http://amzn.asia/2ZHokB4

★香西克章・著『いい声になって魅力も伝わる話し方の秘密』 (三笠書房・知的生きかた文庫)
http://amzn.asia/efLB5UM

★安田登・著『イナンナの冥界下り』(ミシマ社)
http://amzn.asia/g6SDnLA

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です