フードジャーニー・2018長野ツアー②〜戸隠神社へ

井戸尻遺跡のあとは、長野県を南から北へ縦断し、戸隠へ。。。

諏訪から長野市まで2時間、さらにそこから車で40分ほど。山のふもとで標高が上がったこともあり、集落全体がひんやりと涼しげで、夜は結構冷え込みました。

で、宿に泊まった翌朝に、戸隠神社の奥社へ参拝。
戸隠神社は中社、奥社、九頭龍社、宝光社、火之御子社と5つの神社を指しますが、メインと言っていい奥社と九頭龍社へのアプローチは思いのほか大変でした。

僕たちは中社から歩きましたが、車の入れない奥社の入り口からも1時間くらいかかったかな。樹齢400年のすばらしい杉の並木道をすぎ、途中からは半分山歩きみたいで、しかも、残雪がしっかりあって。。笑

ようやくたどり着いた奥社は、まだ残雪に埋もれ、社務所は閉鎖されていました。九頭龍社は戸板が打ち付けられ、参拝すらできませんでしたが、来てよかったな。

この時期、このタイミング、誰もいない、清流のせせらぐ音だけの静かな空間。まさに戸隠という名前がぴったり。
奥社には、天岩戸をこじ開けた天手力雄命が祀られていますが、こじ開けなくても扉は開くし、光は差し込んでくる。。。そんな思いを強くしました。

抵抗せず受け止め、ただ理解すること。実践していくのは、きっとそれだけなんですね。

なお、神社にアプローチしているのは、神社の向こうに日本の風土が見えるからです。三輪、宗像、霧島、戸隠。。。短期間でいろいろまわってきましたが、日本列島の多様さが改めて実感できた気がしています。

★戸隠神社
http://www.togakushi-jinja.jp

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です