あらゆる能力開発、心身のコンディショニングにおいて「食」がいかに重要であるか? 種本武司先生(キイコーポレーション代表)をお招きし、霊学、玄学、古神道などの世界観をベースに生命力を高める具体的な実践法を開示してきた特別講座。

その第5回は、これまで展開してきた「自己を習う」生き方を土台にしつつ、「タロットと生命波動周波数」をテーマにお伝えしていきます。

 

「古代〜中世、まだ文明に毒されていなかった時代に生きた人たちは、私たちが想像する以上の感性・感覚を持ち合わせ、目に見えない量子の世界の存在を的確に捉えていました。そうした時代のシンボルとして挙げられるのが、今回テーマとする、マルセイユ・タロット。個々のカードの隠された意味と、私が30年近く検証を重ねてきた生命波動の周波数が、不思議なほど符合しています」

 

生命の樹として描かれるタロット(マルセイユ・タロット)は、種本先生が測定される生命波動の周波数と同定させることで、自分の意識がいまどのポジションにあり、どこに向かおうとしているのか? それぞれの周波数レベルに内包される生き方の課題が明示されます。
今回の講座では、こうしたタロットの視点から解かれた生命波動周波数の本質をふまえつつ、より踏み込んだ形で「氣を食む」食生活、情報水の活用、意識エネルギーのコントロール(先天の坐、神咒など)法について解説されます

種本先生は、若い頃からこうした《内なる叡智》を自覚、実社会の中で広く活用していくことで、ファッション・アパレル、企業コンサルティングの分野で多大な成功を収められてきました。
それは、「欲がないのに、なぜか不思議とうまくいってしまう」「自ら頭をひねらなくとも必要な答えが自然と降りてきて、予想通りに現実が進行する」という、社会常識から見たらパラドシカル(逆説的な)感性であり、生き方。
現代社会を覆う閉塞感を打ち破る強い意志力、行動力、発想力を手にしたいという「熱い情熱」と「強い志」を持った皆さんの参加をお待ちしています。

 

【イベント概要】
SPECIAL TALK5〜《自己を習う》生き方
霊性を磨くための食と意識エネルギー講座
「タロットと生命波動周波数」

◼︎日時:2017年11月5日(日) 13:30〜16:00(受付開始13:15〜)
◼︎場所:都内を予定(申し込みされた方に詳細をご案内します)
◼︎講師:種本武司(キイコーポレーション代表)
◼︎進行役:長沼敬憲(ハンカチーフ・ブックス編集長)
◼︎参加費: 10,000円(当日、現金にてお支払いください)
*前回参加した方が新規参加者をお連れの場合、ご本人8,000円(新規参加者10,000円)になります。お申し込みはご一緒にお願いします。

◼︎お申し込み:メール(contact@thunder-r.net)にて、①お名前(ふりがな)、②メールアドレス、③当セミナーを何で知ったか、件名に「11/5イベント申し込み」と記入のうえお申し込みください。折り返し返信をいたします。

◼︎︎運営:(株)サンダーアールラボ

 

★講師プロフィール
種本武司 Takeshi Tanemoto

株式会社キイコーポレーション代表。経営コンサルタント/生活習慣病予防指導士(ホリスティック医学協会公認)/食養指導士(日本綜合医学会公認)。

1940年、福岡県北九州市生まれ。昭和38年、伊藤忠商事に入社。日本のファッションの黎明期にイタリアを始めとするヨーロッパ全土に渡り、ファッション・ビジネスの仕組みをゼロから構築、ヨーロッパの「物作り」ファッション情報を同社のアパレル部門の発展に寄与し、繊維素材(原料と織物)ビジネス中心だった伊藤忠商事を日本有数のトップファッション部門を有する総合商社へ飛躍させる一翼を担う。

30代に請われて神戸の(株)ワールドへ移籍。商社時代に培ったノウハウを導入し、年商60億だった同社を1200億企業へと押し上げる中心的原動力となる。

40代で独立、企業を理念経営に導く経営コンサルタントとして、西川産業、リコー(三愛、アイマリオ)、三松、サンフェルメール等々、大・中企業の経営戦略、人材育成などに従事。1990年代初頭、農水省の土壌改良委員会に関わり、全国の有機農産物の生命エネルギーの測定を行い、人の意識の進化と健康に対する重要な事実をつかむ。以後26年間にわたり、予防医学的見地から延べ9000人の生命エネルギー波動測定に専念し、徹底して検証を行い現在に至る。「霊性の開発」をテーマに、食養カウンセリングを通じた体質改善や能力開発などのコーチング・アドバイス、およびヘルス・コンサルタントを行っている。